研修

仕事うまくいかない原因や対処法6つ人間関係緊張しない方法など

仕事がおわらない、職場での人間関係がうまくいかない、などと頭を抱えていませんか?これらの悩み事は大変ですよね。

今回の記事では仕事でうまくいかない原因と対処法を紹介します。人間関係、緊張しない方法、仕事を早く終わらせる方法など書いてあります。ぜひ最後までご覧ください。

アイキャッチ画像出典:https://winnova.net/wp-content/uploads/2022/06/仕事できない対策-e1655936561127.webp

人間関係がうまくいかない原因と対処法

仕事で最も感じやすい悩みは人間関係だと思います。そこで今回は同僚とうまくいかない原因や対処法をお伝えします。

人間関係がうまくいかない人の原因
  • 意見があいまい
  • 真面目過ぎる
  • すべての人と仲良くできるわけではない
  • 自己中心的

意見があいまい

遠慮しがちな日本人にある傾向です。いつもあいまいな意見や「なんでもいい」とばかりいってしまうと「何考えてるかわからない」と思われ距離を取られてしまいます

自分の意見をはっきり言うように心がけましょう。そうしたら相手もこの人は自分の意見を言える人だと思ってくれます。

真面目すぎる

真面目なのはいいことだけど度が行き過ぎると「融通が利かない人」「堅苦しい」と思われ距離を取られてしまいます

時には柔軟な発想や冗談などを言ってみるのもいいかもしれません。堅苦しい人はどんなに成績が良くても避けられがちです。

すべての人と仲良くできるわけではない

人間だれしも相性というものがあります。この人は相性悪いなと思ったら最低限の会話だけにしてなるべく距離を取りましょう。

無理して全員と仲良くなろうとして相性の悪い人までかかわっていたらかえって逆効果です。

自己中心的

自分のことしか考えてない、自分のことばかり話している人は当然距離を取られます

もし自分が自己中心的だなと感じたらまずは人の話をちゃんと聞くことから始めましょう。そしたら人のことを考えれるようになります。

次は同僚と仲良くなる方法を紹介します。3つありますので参考にしてください。

同僚と仲良くなる方法
  • 悩みや不安を話して弱みを見せる
  • こちらからあいさつをする
  • 感謝の言葉を言う

悩みや不安を話して弱みを見せる

自分の弱みを打ち明けましょう。そうすることで相手も秘密を話してくれてより親密な関係になれます。

自分のことを話さないと信用にかけてしまいます。お互いに秘密を共有することでより深い関係になることができます

こちらから挨拶をする。

この方法は手っ取り早くてかつ効果的です。挨拶されて嫌な気持ちになる人はいませんしお互いいい気持ちになれます

あいさつから自然に会話が続くこともあります。会話のきっかけに困っている人がいたらぜひ積極的にあいさつしましょう。

感謝の言葉を言う

どんな些細なことでも構いません。何かされたら必ずお礼を言いましょう。上司や同僚はもちろん気を許してる仲のいい友達にも言いましょう。

また「すみません」ではなく「ありがとう」という癖をつけましょう。感謝ができる人間は必ずうまくいくものです。

仕事がいつも間に合わない人の原因と対処法

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/8872174/

仕事がさばききれずに間に合わない人いると思います。そんな人の特徴と解決方法を紹介します。

仕事が間に合わない人の原因と対処法
  • 完璧主義
  • 仕事の優先順位が付けられない
  • 経験不足

完璧主義

仕事が遅い人の特徴として完璧主義な人がいます。どの仕事も100%を目指してしまい、その結果複数の仕事があるのに手が回らなくなってしまう。

そういう人はある程度割り切るということを覚えましょう。100%でじっくりというより7.8割でてきぱきというイメージで仕事をこなしていきましょう。

仕事の優先順位が付けられない

仕事の優先順位が付けられないと目の前の仕事に集中してしまい締め切りが迫っている仕事を後回しにしている可能性があります。いったん冷静になり今やるべき仕事は何かを見極めましょう

例えばお得意様の大事な書類から手を付ける、締め切りが今週の物から手を付けるなど自分なりに優先順位をつけましょう。

経験不足

最後の理由として経験不足があげられます。この場合はとにかく経験を積んで仕事に慣れていくしかありません。

自分は仕事ができないと追い込んでいる方いましたらよく考えてください。単純な経験不足かもしれません。

仕事でうまくいかない。自分に自信がない原因や対処法

仕事場において自分に自信がない人いると思います。しかし自分に自信がないとどうしても仕事に支障が出てしまいます。そこで自分に自信がつく方法を紹介します。

自分に自信がつかなくなった時の原因や対処法
  • ネガティブな思考はやめる
  • 小さなことでもいいので褒められたら素直に喜ぶ
  • ワクワクするものを見つける

ネガティブな思考はやめる

主な原因は人間関係です。周りの人が愚痴ばかりこぼしてたりネガティブなことばかり言っているとどうしても思考が移ってしまいます。周りにネガティブなことばかり言う人がいたらその人から距離を取りましょう

また時間があるという原因もあります。なぜ時間があるとネガティブな思考になるかというと、忙しいと余計なことを考えなくなるからネガティブな思考になりにくくなります。対処法は趣味などを見つけましょう。

褒められたら喜ぶ

日本は謙遜を美徳とする傾向にあります。その考えを捨てて素直に喜びましょう。褒められるのはモチベーションアップにつながるいい機会です。ぜひ喜びましょう。

また自分のことを認めてくれる人うを身近に置きましょう。お互いの良さを分かり合えるような人がいたら自分を肯定できます。

ワクワクするものを見つける

これは有名な手段ですが自己肯定感を高める方法です。例えばこの花はこのように咲くのかなどです。そのようにするだけで自己肯定感は高まりますし趣味が見つかるかもしれません。

同じ趣味の人とつながれたらもっと自己肯定感が高まりますし対人関係もよくなります。

他人と過度に比較しない

日本の教育は何でも順位をつけていく教育をしているのでどうしても他人と比べたがる傾向にあります。

しかし同期がいい成績を出して比較してしまい自信を無くしてはだめです。他人は他人と割り切ってそのいい成績を出した同期のいいところを盗んで学ぶようにしましょう。

人にはそれぞれの良さが必ずあります。完全上位互換なんてことはまずないです。時には他人については考えないことも大切です。

仕事で大事な時に緊張する原因と対処法

出典:
https://www.photo-ac.com/main/detail/22471999?title=会議・ミーティング&searchId=3937761581

仕事で大事な会議の時など頭が真っ白になってパニックになってしまう人多いと思います。そんな人の特徴と対処法をお伝えします。

プレゼン本番で緊張してしまう人の特徴
  • 準備不足
  • 失敗による恐怖心
  • 慣れない雰囲気に飲まれる

準備不足

準備不足のまま本番に行くのはNGです。まずは資料を完成させることに専念しましょう。

また資料ができていても実際に時間を測って声に出して模擬練習をしましょう。1回するのとしないのでは全く変わってきます。資料ができて満足せずぜひ模擬練習しましょう。

失敗に対する恐怖心

これは失敗を過剰に恐れる恐怖心です。人前で失敗したらどうしよう、恥かいたらどうしようと思ってしまい緊張してしまいます。

該当する人はかなりいると思います。こういう人はひたすら練習するか後に紹介する方法を試してください。

慣れない雰囲気に飲まれる

大きな会場や大勢の人の視線に圧倒され緊張してしまう人は多いと思います。これになれるには場数を踏むしかありません。

対処法としては実際に下見に行くか後に紹介する方法を使いましょう。次に大事な場面で緊張しない方法を紹介します。

プレゼン本番で緊張しない方法
  • 一人実況中継
  • 音楽を聴く
  • ルーティーンを作る

一人実況中継

自分の状況を言語化することで苦しみを認め、身をゆだねることでパニックから脱出する方法です。また心の中で実況するだけでなく他人に実際に言うのも効果的です。

例えば「おっと緊張して震えが止まりません」などと自分が感じていることをそのまま言葉に表してみよう。そうすることで自分の状態を把握することができ冷静になることができます。

音楽を聴く

大事な発表の前に音楽を聴くという方法です。これはスポーツ選手も実際に行っていることなのでぜひ実践してみましょう。

しかしこの方法には注意点があります。それは時と場合にあった曲を選ぶことです。例えば落ち着かなければならないのにノリノリの曲を聴くのはNGです。自分に合った曲を選びましょう。

ルーティーンを作る

ルーティーンとはとある行動をすることで大事な発表の前に落ち着くことです。そのために日常で落ち着くときなどに一定の行動をとりましょう。例、両手を合わせる。それがルーティーンになります。

あらかじめルーティーンを作っておくことでその行動をしたときに落ち着くことができます。大事な会議の前などでルーティーンをすることで万全の状態で挑みましょう。

同じミスをくりかえしてしまう原因と対処法

仕事で同じミスを繰り返してしまう人はいると思います。そういう人にありがちな特徴と対処法を紹介します。

ミスを繰り返す原因と対処法
  • 振り返りをしない
  • 自分だけのメモを作る
  • 謝るだけで終わってしまう

振り返りをしない

なぜ失敗したのか振り返らないままにしている人多いと思います。そういう人は失敗してしまったときなぜ失敗したのかを振り返る癖をつけましょう。

振り返りをしてなぜ失敗をしたのか自分なりに考えてみましょう。また同じミスを繰り返してしまいます。

自分だけのメモを作る

これは先ほどの振り返る方法の一つです。なぜ失敗したのか振り返っても忘れてしまう人もいると思います。

そういいうときは間違え帳を作って失敗するたびにメモをしましょう。忘れにくくなるので同じミスは減っていくでしょう。

謝るだけで終わってしまう

ミスをしても謝れば大丈夫と思っている方もいると思います。しかし重要なのは謝ることよりも今後同じミスを繰り返さないことです。

なので謝ればいいという考えを持っているなら今すぐにその考えを捨てこの後どうするべきか考えましょう。

 

仕事でうまくいかない時こそ体を動かす

出典:https://pixabay.com/ja/photos/仕事-ビジネスマン-男-成功-2879460/

仕事でもやもやしてるときは体を動かしてはどうでしょう?日頃から体を動かすメリットを二つ紹介します。ぜひ明日からでも試してみてください。

体力がつく

仕事がうまくいかない根本的な理由として体力がないというのがあります。仕事は精神面のほうの体力を多く使いますが肉体面も少なからず使います。

なので日頃から体を動かし体力をつければ今よりは楽になるかもしれません。ランニングから始めてみるのもいいかもしれません。健康的ですよ。

精神面でも向上

仕事ばかりしているとどうしてもネガティブ思考になりがちです。先ほども言った通り精神面を多く使います。

そこで体を動かせば気分転換になり仕事がはかどると思います。もしかしたら趣味にもなるかもしれないのでやってみるのもいいかもしれません。

まとめ 仕事がうまくいかない人の原因と対処法

仕事がうまくいかない時に役立つ方法をまとめました。どれも簡単で今すぐにでも実行できるものばかりです。ただルーティーンや日々運動という習慣でやらなければならないものもあります。明日から試してみましょう。

またこれらの手を使っても本当にしんどい時もあると思います。その時は逃げるという選択肢もあることを忘れないでください。自分の体が壊れてしまっては元も子もありません。最終手段として覚えておいてください。