研修

Wi-Fiのルーターはどれがおすすめ?最適な選び方を解説!

家でWi-Fiルーターを使いたいと考えているが、どれがおすすめで何が自分に適しているか分かりませんよね。

Wi-Fiの仕組みや必要なものは知っていてもWi-Fiルーターのスペックの基準だったり、比較するポイントはまた違ってくるので余計悩んでしまいますよね。

この記事でWi-Fiルーターはどこを比較すれば良いのか、自分に適したWi-Fiルーターがどれなのかがバッチリ分かる内容となっています。ぜひ参考にして自分だけの快適なネット環境を作ってください。

(アイキャッチ画像出典元:https://unsplash.com/photos/CAX85x-DdBk)

ここを見るべき!Wi-Fiルーターの比較の仕方!

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/8850706/

まず最初にWi-Fiルーターはどこに注目して比較すれば良いのかというと、通信速度セキュリティ電波強度などが主に挙げられます。

下記でその3つを詳しく説明していくので、自分にはどのWi-Fiルーターが最適であるかを見極めていきましょう。

Wi-Fiルーターの比較の仕方
  • 通信速度
  • セキュリティ
  • 電波強度

通信速度

通信速度は簡単にいうとインターネット等を使う際に読み込みをする時、データをダウンロードするときの速さのことを指します。

もし購入時に自分の気に入ったものが複数あった場合は通信速度がより早いものを購入すると良いでしょう。

せっかくWi-Fiルーターを買ったのに通信速度が遅いと、それだけでストレスになってしまうので、なるべく早いものを買うのがおすすめです。

セキュリティ

Wi-Fiルーターを買って繋いだのは良いもののクレジットカードなどの個人情報が、安全性が無いばかりにが危険にさらされてしまうのはとても怖いし不安ですよね。

そうならないためにもきちんと安全性が確認できるセキュリティ対策のされているものを購入しましょう。

セキュリティ面を疎かにしてしまうと後々厄介なことになりかねませんので色々と比較して決めると良いでしょう。

電波強度

この電波強度というのもWi-Fiルーターを比較する際に必要な判断材料となってきます。電波強度が強ければ強いほど、より遠くの機器と安定した通信が可能になります。

部屋の広さや家具の配置にも影響を受けやすいため、メーカーが目安としてどのくらい電波が届くかを出しているので自分に合ったWi-Fiルーターを比較、検討しましょう。

Wi-Fiルーターはここで選ぶ!選ぶ時のポイント

比較の仕方も分かったところで今度はWi-Fiルーターの実際の選び方を4つ解説します。

現在の自分の状況を把握して選べば自分に合った最適なWi-Fiルーターがきっと見つかるでしょう。

Wi-Fiルーターを選ぶ時のポイント
  • 価格
  • 使用用途
  • 使用環境
  • 最新のモデル

価格

Wi-Fiルーターの買うときに最も気を付けないといけないのが価格です値段が高ければ高いほど良いものとなりますが、ワンルームや一人暮らしをしている人にとっては有り余るスペックとなります。

物によっては10万を超えるものもあります。よほどの人でないと使いこなすのは厳しいです。ですので自分にとって適切であると思える値段のWi-Fiルーターを購入するようにしましょう。

使用用途

ビデオ通話を主に使うのか、YouTubeやSNSを見る程度で使っていくのかで必要であるスペックは変わってきます。

またオークションの落札や先着順の申し込みがあるときなど、一刻を争うような大事な場面においてはさらに高いスペックが必要になってくるので慎重に判断しましょう。

使用環境

どのくらいの部屋の広さで何人が接続して使うかというのも考えなくてはなりません。

使う人が5人、6人もいると一人暮らし用のスペックでは確実に通信速度は落ちますし、逆に一人暮らしなのに家屋用のWi-Fiルーターを買うとスペックを持て余すことになります。

そういった損をしないためにもメーカーが推奨している使用時の目安をしっかりとチェックして、無駄なく使用しましょう。

最新モデル対応であるか

2022年6月現在、最新のWi-Fiのモデルは11ax、またはWi-Fi6というモデルで従来のものと比べるとより高度で快適な通信状態となっています。

最新モデルである為少し値段は高くなりますがこの最新モデルが始まった当初と比べるとかなり購入しやすい値段となっているのでなるべく11ax(Wi-Fi6)にしたほうがいいと言えます。

Wi-FiルーターのMbps(メガビーピーエス)って?

Wi-Fiルーターの単位にMbps(メガビーピーエス)というものがあります。難しそうと思うかもしれませんがちゃんと解説しますので安心してください。

Mbpsというのは1秒間に送受信可能なデータ量を表す単位です。この数値が大きいほど、通信速度が速くなります。

主な目安としてはメールでのやり取りやSNSの閲覧といったものは1〜5Mbpsあれば十分と言われていて、動画視聴は20Mbps程度、オンラインゲームをする場合は100Mbps以上が必要となってきます。

これを目安にどのくらいのMbpsがあれば自分は大丈夫であるかを判断する指標にしてみてください。

場合別でおすすめのWi-Fiルーターを解説

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/684385/

さて、これまでの解説でWi-Fiルーターがどういうものか、どういうものを選べば良いか分かってきたと思いますので実際にどれがおすすめなのかを紹介していきます。

今回は場合別に4つのWi-Fiルーターをご紹介したいと思います。これをぜひ参考にして自分に合ったWi-Fiルーターを購入してください。

場合別でおすすめのWi-Fiルーター
  • 一人暮らしの人におすすめのWi-Fiルーター
  • 家族がいる人におすすめのWi-Fiルーター
  • スペックを重視する人におすすめのWi-Fiルーター
  • 価格を重視する人におすすめのWi-Fiルーター

一人暮らしの人におすすめのWi-Fiルーター

一人暮らしでおすすめしたいのは「バッファロー WSR-1166DHPL2」になります。

とてもシンプルで使いやすく利便性に優れており、難しい機能やオプションがないので初心者にもおすすめのWi-Fiルーターとなっています。

また、端末にめがけて電波を飛ばす機能が搭載していたり、複数台接続をしても通信速度が落ちにくいという点も魅力となっていて、非常におすすめできるWi-Fiルーターと言えるでしょう。

家族がいる人におすすめのWi-Fiルーター

家族で使うとなると、複数台で繋ぐことになるのでそこに対応できるWi-Fiルーターが必要になってきます。またWi-Fiのエリアも広くないと電波が届かないのでそれにも対応しないといけません。

そこでおすすめなのが、「エレコム メッシュ Wi-Fiルーター」です。

このWi-Fiルーターは推奨利用環境が、戸建・3階建・マンション4LDKというかなり広い範囲にまで電波が飛ぶようになっていて電波が繋がりやすく切れにくい商品です。

そしてセキュリティ面もしっかりとしていて業界トップクラスのマイクロ社が作ったセキュリティーであるスマートホームネットワークを搭載しています。

スペックを重視する人におすすめのWi-Fiルーター

値段は気にしないから、とにかくスペックがいいのが欲しい!という方におすすめするのが「Zen Wi-Fi XT8/W (2 Pack)」になります。

この商品はとにかく接続時の速度が速く、ビデオ通話やオンラインゲームなども音声が途切れたりせず、画像も滑らかでストレスなくスムーズに動きます。

そしてこの商品は購入して接続する際、アプリを入れて3ステップという簡単に接続ができることも魅力となっています。

セキュリティも充実しており、最高の環境でビデオ通話やゲーム等ができる商品となっています。

価格を重視する人におすすめのWi-Fiルーター

とにかく価格を抑えたいという人に特におすすめなのが「NEC AG2600HS2‎ AM-AG2600HS2」です。

安いし性能とか安全性は大丈夫なの?と思う人がいるかもしれませんが、ご安心ください。

特定の通信相手に電波を的を絞って送ることで高速通信が可能であったり、セキュリティ面も最新規格である「WPA3」が搭載されているため、より安全性が高い状態でご利用いただけます。

またNEC独自の技術で通信エリアも拡大されているため快適な通信環境となっています。

Wi-Fiルーター設置時の注意点

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/不気味な-ハロウィーン-廃墟-2813134/#content

これまでWi-Fiルーターについて解説してきましたが、実際に購入して設置するとなった時の注意点を4つ解説します。

Wi-Fiルーター設置時の注意点
  • 部屋の中央付近にWi-Fiルーターを設置する
  • 床から離して設置する
  • 近くに障害物になるものは置かない
  • 電子機器を近くに置かない

部屋の中央付近にWi-Fiルーターを置く

Wi-Fiルーターは360度電波を飛ばせるような仕組みとなっています。そのため部屋の隅にWi-Fiルーターを設置してしまうと対角線の場所にいても電波が届かない場合があります。

なのでなるべく部屋の中心に置くようにして満遍なく部屋に電波が行き届くようにしましょう。

床から離して設置する

Wi-Fiのルーターは球体状に電波を飛ぶように設計されているため、床に直で設置してしまうとその広がりが無駄になってしまいます。

ですので床から離して設置するようにしましょう。理想は1〜2mくらい離して設置するのがベストです。

近くに障害物になるものは置かない

家具や家電、金属類に鏡など電波を遮断するものであったり、電波を反射してしまうものは周りに置かないようにしましょう。

そうすることでWi-Fiが繋がっていない状態で動画を見てしまい月々のデータ使用量をオーバーしてしまうのを防ぐことが出来ます。

電波を出しているものを近くに置かない

こちらも同様で、電子レンジやBluetooth等の電波を使用するものは近くに置かないようにしましょう。

近くに置いてしまうと電波同士で干渉してしまい接続が不安定になる場合があるので気をつけましょう。

Wi-Fiルーターはどれがおすすめ?まとめ

ここまでWi-Fiルーターについて解説してきました。この記事でWi-Fiルーターについてバッチリ理解出来たと思います。

値段が高ければ高いほどスペックも比例して良くなりますが、高ければ良いというわけでないことも理解出来たと思います。

ここで紹介した以外にも、さまざまなWi-Fiルーターがありますのでこの記事の商品を参考にするのも良いでしょう。

自分に合ったWi-Fiルーターを探して購入し、それを買った後も置く場所に気をつけて安定したネット環境を作りましょう。