研修

仕事がうまくいかない人の原因とは?特徴から対処法まで紹介!

「仕事がうまくいかない」「仕事がうまくいかない原因がわからない」など頭を抱えるほどの悩みってありませんか?

仕事がうまくいかなくなったり、中には人間関係を悪化させたりして会社に行きたくなくなったりと社会人誰もが一度は経験する大きな悩みですよね。

この記事では、仕事がうまくいかない人へ向けて原因や特徴、対処法までご紹介します。

また、対処法を試してダメだった場合の転職を考える基準も併せて紹介するのでぜひ最後までご覧ください。

(アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3060878)

仕事がうまくいかない原因とは

(出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/24000135)

まず仕事がうまくいかない原因についてを5つ紹介していきます。

仕事がうまくいかない原因5つ
  • 経験が不足している
  • 人間関係がうまくいっていない
  • 自分一人で全てこなそうとしている
  • 業務内容が合っていない
  • 職場の環境が合っていない

経験が不足している

社会人一年目の方や初めての業務を行う方にとってはある意味では当たり前なのですが、最も多い理由として挙げられるのが経験が不足していることです。

クレームなど咄嗟の対応が必要なことが起きるのが仕事であり、経験が不足していることで仕事がうまくいかないことは当然あります。

また、基本は教育担当の方に教わりながら業務に慣れていくと思いますが、教わったことをメモしたり作成した資料などを見返しながら取り組むのではうまくいかなくても当然です。

人間関係がうまくいっていない

社会で働く上で必要になってくるのが上司や同僚、後輩とのコミュニケーションであり、人間関係の構築ですよね。

報連相は当たり前ですが、人間関係がうまくいっていないと仕事も円滑に進まずミスが発生してしまいます。

人間関係の合う、合わないはありますが、仕事に悪影響が出る場合は速やかな状況の改善が必要になってきます。

自分一人で全てこなそうとしている

「人に頼るのが苦手」「自分でやったほうが効率が良い」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、自分一人で全てこなそうとしていると、仕事量が多かったり無理なスケジュールが続いた場合に全体的なミスに繋がってしまいます。

いくら効率が良くても、自分でやった方が良いと考えるだけでは仕事全体が回らなくなってしまいうまくいかない原因となるでしょう。

業務内容が合っていない

仕事の適性に関する失敗は誰しもあり、自分なりの努力がなかなか業績に繋がらない場合もあります。

自分の性格や得意、不得意に応じて、そもそもの職種や業務内容が合っていない場合は仕事がうまくいかないことも納得です。

この機会に今の仕事が自分に合っているのかを見直す必要が出てくるでしょう。

職場の環境が合っていない

職場の作業環境や全く配慮ができない方がいると、仕事に集中する環境が作れず作業効率や生産性が下がってしまいます。

環境要因のため不可抗力の場合もありますが、なるべく上司などへ相談する必要があります。

自分だけで解決しづらいことは、早めに対策を打つことで改善に繋げていくことが求められるでしょう。

仕事がうまくいかない人の特徴とは

(出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/24422207)

続いて、仕事がうまくいかない人の特徴について3つ紹介してきます。

仕事がうまくいかない人の特徴3つ
  • デスク周りの整理整頓ができていない
  • 仕事の優先順位がわかっていない
  • 完璧主義になりすぎている

デスク周りの整理整頓ができていない

マニュアルや資料を見ながら作業をしていると、いつの間にかデスク周りなどが散らかったりしていることありますよね。

整理整頓ができていない環境で作業しようとすると、必要な資料がすぐに見つからなかったり重要書類の紛失にも繋がってしまいます。

作業効率の低下や周囲の信頼を失うことになりかねないので、適宜整理整頓しておくなど習慣を身につけておくと良いでしょう。

仕事の優先順位がわかっていない

目先の仕事をずっと作業していたら「仕事が全然終わらなかった」という方もいるでしょう。

仕事をしている以上、納期が近い仕事を後回しにして間に合わなかった場合は信用を失ってしまいます。

予め全体のスケジュールを把握した上で、トラブルの防止や残業を減らす計画を立てて取り組んでみましょう。

完璧主義になりすぎている

一つの仕事を完璧に全てこなそうとして、人に頼らず作業してはいませんか。

理想が高く完璧主義の方は、なかなか一つの作業が終わらないので他の作業に遅れが生じてしまい結果的に全てが終わりません。

全体がよく見えていないと他の作業が終わらないので、今一度どこまで一つの仕事をこなすべきかを整理し取り組んでみましょう。

仕事がうまくいかない時の対処法(思考編)

(出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/24467198)

仕事がうまくいかない時の対処法を大きく分けて3つ紹介します。ここからは「思考編」「行動編」「生活習慣編」の順に見ていきます。

まず仕事がうまくいかない時の対処法(思考編)から原因別に具体的に見ていきましょう。

仕事がうまくいかない時の対策(思考)3つ
  • 他者との比較をやめる
  • 仕事のハードルを下げてみる
  • 物事をポジティブに捉えてみる

他者との比較をやめる

例えば、同僚や後輩が良い成績を上げた時に自分と他人を比較することをやめましょう。

マイナス思考をお持ちの場合、他人を比較することで自信を無くすこともモチベーションを下げてしまうことがあります。

あくまで自分と他人は別ですので、少しづつでも意識することで自分を良い方向へ変えることが可能です。

仕事のハードルを下げてみる

特に完璧主義な方は、「仕事の質を下げろ」とは言いませんが仕事は約8割こなすと決めて取り組んでみましょう。

自分が考える理想よりも、仕事のハードルを下げることでうまくいかなかった際の気持ちも楽になり精神的な余裕もできます。

物事をポジティブに捉えてみる

「自分なんて」といつまでもネガティブ思考に捉われてはいませんか。現状打破するためにはポジティブ思考に考えを切り替えてみましょう。

もし失敗したり大きな壁にぶつかったりしても、「そうゆう日もある」「たまたま調子がよくなかっただけ」「次がある」と前向きな姿勢でいれば仕事もうまくいきます。

仕事がうまくいかない時の対処法(行動編)

仕事がうまくいかない時に実践してほしい対処法(行動編)を3つ紹介します。

仕事がうまくいかない時の(行動)3つ
  • 仕事の優先順位をつけてみる
  • 一人で仕事をしようとしない
  • 報連相を見直してみる

仕事の優先順位をつけてみる

仕事をする上で、やるべきことが多いような状況の場合は何から手をつけてれば良いか迷走してしまうこともありますよね。

そんな時は、重要性や緊急性を整理しつつ優先度を考えてタスク整理していきましょう。またいつまでにこなすか予め期限を設定することがおすすめです。

一人で仕事せず周りに頼る

仕事とは人と人の繋がりであり、一人では成り立ちません。そのため、一人で仕事をこなそうとするより上司や同僚などへ相談し周りにアドバイスを求めましょう。

誰かに頼ることで、自分だけでは気づけなかった改善方法が見つかるだけではなく全体の作業効率も上がります。

報連相を見直してみる

もしわからないことをそのままわからないと相談しているのであれば、求める回答が頂けるかどうかよく相談内容を見直しましょう。

上司へ相談する際は、相手目線に立った丁寧な報連相を心がけることはとても大事なことです。

限られた時間で効率よく必要なやりとりをする以上は、もし質問などが苦手な方はメモなどに一度書き足しつつ考えてみることがおすすめです。

仕事がうまくいかない時の対処法(生活習慣編)

仕事がうまくいかない時に実践してほしい対処法(生活習慣編)を3つ紹介します。

仕事がうまくいかない時の対策方法(生活習慣)3つ
  • しっかり休息をとる
  • 暴飲暴食をせず規則正しい食事をとる
  • 好きなことをしてリフレッシュする

しっかり休息をとる

しっかり休息をとることは大切です。「残業が忙しい」「納期が間に合わない」と考えている方は特に、休日こそしっかり休みましょう。

心も身体も疲れていては、仕事の作業効率が落ちてしまいます。睡眠時間を増やすか、ウォーキングなどの簡単な運動をして体力をつけましょう。

暴飲暴食をせず規則正しい食事をとる

仕事で疲れていると、普段よりお酒や炭水化物を摂りすぎたりすることありませんか。

健康管理をする上で一日3食をとることは大切ですが、辛いからと言って暴飲暴食をしてしまうと身体に負担をかけてしまい体調不良になりかねません。

健康に害を出さないためにも、やけになるようなことはせず規則正しい食事を心がけましょう。

好きなことをしてリフレッシュする

仕事がうまくいかなかったからといって、帰宅後まで常にお仕事のことを考えてはいませんか。

しかし、そんなモヤモヤした気分で過ごしていては精神的にも、プライベートにも悪い影響を与えかねません。

一旦、自分の趣味に没頭してみるなど、好きなことをしてリフレッシュすることで頭をすっきりさせましょう。

転職も視野に入れるべきか?

(出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/610769)

「対処法試したけどうまくいかない」「転職も考えてはいるけど一歩を踏み出せない」など、人によっては今のお仕事が合っていない可能性もあります。

仕事がうまくいかない人の原因は、対処法を用いて改善することができます。しかし、そもそも現在のお仕事に適性がなかったのでは現状打破することも難しいかも知れません。

この機会に自己分析をしてみることで、自分が見つめ直しどんなお仕事に向いているのかを把握することができます。これからの新たな可能性に気づくきっかけにもなるでしょう。

転職をしても良い人とは?

将来に向けて何かしら叶えたい夢があり目標を明確に持っている方であれば、もしかすると転職をしても成功しやすいかもしれません。

また、仕事がうまくいかない場合の対処法を全て試してみたけど現状の悩みが一向に解決しない人も転職を視野に入れてみましょう。

もし職場や職種が今の自分に合っていないのであれば、自分と相性の良いお仕事を探し転職に踏み切ることで心機一転するかもしれませんね。

転職をしない方が良い人とは?

「仕事が辛い」という理由で転職を考えている人や将来的な目標が不明瞭な方は、今後も同じ理由でやめてしまう可能性があります。

ネガティブな理由での転職は、成長意欲が低いとみなされ内定がもらえいない可能性があります。さらに、転職を繰り返してしまう原因にもなりかねません。

そのため転職以外で対策できることがないか、まずは仕事がうまくいかない場合の対処法を実践することから始めてみましょう。

仕事がうまくいかないのはなぜか?まとめ

(出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3321628)

仕事がうまくいかない人の原因や特徴、対処法までを紹介いたしました。まずは仕事がうまくいかない原因を知ることが大事だということが分かりましたね。

原因は人間関係的にも仕事内容的にもあるため、今の状況を打破するためにもいち早く自分に合った対処法を実践していきましょう。

転職をして環境からやり直すべきなのかは、対処法を実践してからでも遅くないのでよく考えてから行動してみてくださいね。

ABOUT ME
web+運営部
web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。