転職

年齢を気にして諦めている人必見!何歳までなら転職可能なのか?

あなたは、転職を考えた時に「何歳までなら転職ができるのだろうか」と考えてしまい転職活動を急がなくてはならないと焦って悩んでいるのではないでしょうか。

現在は少子高齢化の為、労働者が不足しているので、経験豊富な人材を雇用する傾向があります。実際には「何歳まで」という年齢制限は、ほとんどはないのが現状です。

この記事では、企業が求めている人材や30代、40代までに身につけておきたいスキルなどをご紹介しています。記事を読み終えた頃は転職に年齢は関係ない事が理解できるはずです。

確かに、会社に3年以上、在籍していると転職可能な年齢が気になり不安ですよね。転職で悩んでいるあなたに是非、最後まで読んで頂きたいです。

アイキャッチ画像出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/7845161/

転職は早い方が有利?転職をするなら何歳までなら可能なのか

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/6237990/

まず、結論から言うと転職に有利な年齢は25歳までです。年齢と共にキャリアもスキルを積んできた中高年よりも若年層の方が転職に有利なのは、なぜなのでしょうか?

その理由は、会社が育成した人材がすぐに定年になってしまっては、人材投資が無駄になってしまうからです。若ければ、一度育成すれば長く雇用できます。

また、若者のメリットは心身ともに若くエネルギーがあるところです。体力もあり新しい仕事の吸収力も良いので、仕事の効率がアップする事から若者が選ばれます。

しかし、新卒から1年程しか働いていない状態で、転職しても仕事ができるか分かりません。最低でも3年以上の職歴は必要です。25歳までなら転職可能と言う訳ではありません。

やる気があれば何歳でも可能?転職によくある限界年齢とは

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/7129712/

転職には限界年齢があると言われています。何歳からでもやる気があれば転職可能なのでしょうか?希望通りに転職するには限界年齢を意識しなくてはいけないのでしょうか?

まず、限界年齢は28歳と言われていますが、経験を積んでいてまだ成長できる年齢です。また、新しい環境になじめる柔軟性があるので、転職市場ではニーズの高い年代と言えます。

しかし、少子高齢化が進んでいる現在は、20代の採用に苦戦している企業が多くなっている為、専門スキルやマネジメント経験など即戦力になる人材が求められています。

20代と比べると30歳以降は多少、求人は減るものの、やる気があれば何歳でも転職のチャンスは十分あります。限界年齢は転職を考える時に一つの物差しとして考えてみましょう。

転職の目安になるキャリアを見直すべき年齢は何歳?

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/846747/

20代は自分の可能性を探す為の探索期で30代、40代は専門性を確率する為の確立期と言われています。この視点で考えると、28歳で一度キャリアの事を見直すべき年齢です。

28歳でキャリアを見直す事は、転職の目安になるので28歳限界説と言われています。転職の限界という意味ではなく一度キャリアを見直す年齢と言う意味で使われているようです。

前途でも述べたように28歳と言う年齢は、4、5年の社会経験があり、伸びしろが十分にある26歳から29歳は企業からのニーズも高い年齢層になります。

その為、転職するしないに関係なく20代後半には、自分自身のキャリアを見つめ直すことが大切です。最近では、年齢よりもスキルや経験を重視する企業の方が多くなっています。

限界年齢はあまり転職には関係ない

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/7859956/

前途で述べた限界年齢は、転職先を選択する時の参考として考えてください。近年では、厚生労働省の要請もあり、転職において年齢はあまり関係なくなっているのが現状です。

確かに会社によっては、中途採用に年齢の上限が定められている事があるのも事実です。自分の能力とは関係ないく条件が当てはまらない事が理由で転職できないこともあります。

しかし、一部を除いては人材を確保する時に年齢を判断基準にする事は少なくなっているのです。最近では、年齢だけでなくスキルを重きにおく傾向があります。

厚生労働省からも平均寿命の伸長により「年齢に関わりのない転職、再就職者の受け入れ促進の指針」を経済界に要請を行った事や中途採用の支援などが公開されています。

就業期間も長期化していく事が見込まれるデータや資料はこちら

正社員を目指すなら何歳までがピークなのか

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/7516544/

正社員を目指すなら早めに行動をしましょう。実は、正社員、契約社員になれる確率は28歳頃がピークだからです。30代、40代と年代が上がるにつれ徐々に低くなって行きます。

これは、年齢を重ねるごとに企業が求める経験やスキルの期待値が上がっていくからです。もし、この会社で長く安定的に働きたいと考えているなら早めに行動をしましょう。

但し、闇雲に行動はしない方がおすすめです。基本的に正社員になるという事はその会社に長くお世話になるという事なので5年後、10年後のプランを立てておく事が大事な事です。

厚生労働省の「平成30年雇用動向調査結果の概況」によると24歳以下は入職率は、35.5%と高く25歳から55歳まで17%から6.5%と年齢が高くなるにつれ入職率が低くなっています。

平成30年雇用動向調査結果の概況

なぜ35歳以上でも転職が成功できるのか?

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/6238006/

以前は、転職は35歳以上になると厳しくなると言われていましたが、最近では、これまで見つけたスキルが評価され即戦力人材として雇用する傾向に変わってきています。

35歳以上でも転職に成功できる人は意外と多いです。35歳以上で転職が成功している人は下記の3つの事を行っています。各ポイントを詳しく解説していくのでみていきましょう。

35歳以上でも転職に成功している人が行っている事
  • 自分の弱みや強みを正確に把握している
  • キャリアに一貫性を持っている
  • マネジメント経験を武器にする

自分の弱みや強みを正確に把握している

自分の弱みや強みを把握している人は、自分にはどんなスキルがあるか、前職ではどんな成果をあげてきたのかを洗い出し、面接での自己PRを材料にして面接の準備をしています。

35歳以上の面接は経験やスキルや実績が重視されます。面接で的確にアピール出来ないと内定獲得は難しいです。新卒時の面接とはやり方が変わるので意識していきましょう。

また、実績がわかる資料を作成しておくと良いでしょう。年収交渉の時に実績がわかる資料があれば説得力が増し転職で有利になります。

キャリアに一貫性を持っている

転職に成功している人はキャリアに一貫性を持っています。一貫性がない人は一つの仕事でスキルが蓄積されず、転職が旨くいきません。会社に居ても給与が上がらない傾向があります。

たとえば、会社で営業を5年間やっていた人と10年間営業をやっていた人では当然、10年間、営業していた方が長いので会社は10年間、営業をしていた方を選びます。

35歳以上はキャリアが明確に求められてくるでキャリアに一貫性がない人は苦戦しがちです。キャリアに一貫性を持っている人は、10年先の事を考えてキャリアを高めています。

「この仕事は将来どのように役立つか、どのようになるか、今は何のスキルを高めるか」を意識しながら普段から仕事をする事が大切ですね。

マネジメント経験を武器にする

最後に、ご紹介するのはマネジメント経験を武器にする事です。35歳以上また40歳以降はマネジメント経験を持っているいないで命運がわかれます。

スケジュール管理や部下の進歩管理、トラブル解決、取引先との価格交渉などをやった経験があるかが武器になります。

もし、マネジメント経験がないのならマネジメント関連の本を読んでスキルを高める事が大切です。

スキルを高まった事が実感できたら積極的にマネジメント経験が積めるプロジェクトに参加してみてもいいでしょう。

未経験、異業種への転職成功は実際は何歳まで?

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/301920/

未経験からの異業種への転職は年齢によって難易度が変わります。基本的に未経験から異業種へ挑戦できるのは実際には、20代のうちまでと考えた方がいいでしょう。

企業からすれば30代、40代の未経験者を一から教育するよりも、20代の若者に教育コストをかけた方が長く働いて会社に貢献してくれるので20代の方が有利になってしまいます。

一方で、30代、40代でも同業界でのキャリアチェンジで豊富な業界知識やスキルがあれば、転職で有利になる事があります。

別業界でも、チームマネジメント経験を有していれば採用される場合があります。これまで、培ってきた経験やスキルをアピールすれば30代、40代でも有利と言えるでしょう。

「もう何歳だから転職できない」と諦めるのはもったいない

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3767411/

あなたは、「自分はもう20代後半だからもう転職できない」と転職を諦めてはいませんか?実は現代は少子高齢化によって人手不足となっているのが現状です。

その為、転職に年齢は関係なくなっています。年齢を気にするより自分のスキルを意識する事が重要です。ここからは、転職に必要な2種類のスキルを下記でご紹介しています。

転職に必要な2種類のスキル
  • 専門スキル
  • ポータブル・スキル

専門スキル

特定の職種で通用するスキルが高ければ、同じ業界であれば転職に非常に有利なります。スキルやキャリアだけでなく危機管理能力などを面接でアピールできるようにしましょう。

30代後半で専門スキルがない人は、資格獲得を目指してみる事をおすすめします。中小企業診断士や宅建と言った資格を獲得すると即戦力になるので採用される可能性があります。

ポータブル・スキル

ポータブル・スキルとは、持ち運びできる能力の事です。このスキルは職種関係なく使えます。自分自身の特徴とも言えるスキルを身につけていれば別業界でもすぐに活躍できます。

ポータブル・スキルについて詳しく知りたい人は、これまで3000人以上カウンセリングしてきたキャリアアドバイザー長谷川貴子さんのインタビュー記事をご覧ください。

5年後の選択肢を広げるスキル

自分の年齢やスキルに沿った相談はみんなのエージェントへ

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4145190/

もし、あなたが転職を考えているなら、みんなのエージェントに相談してみましょう。転職を成功させるかどうかは、年齢よりもスキルや経験が評価されます。

あなたが、十分な経験やスキルを持っていたとしても、それを活かせる求人の選択が出来て応募企業に適切にアピールが出来なければ転職は成功しません。

そこで、みんなのエージェントの出番です。みんなエージェントでは強力な転職活動のサポートが受けられます。まずは、自分に合ったエージェントを見つけてみましょう。

「みんなのエージェント」に無料会員登録をすると、エージェントは何人でも指名が出来て指名したエージェントと相談ができます。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

みんなのエージェント無料会員登録はこちら

【まとめ】転職には年齢を気にするよりスキルを気にしょう

出典元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3844522/

繰り返し述べていますが、転職の時は、年齢よりもスキルやキャリアを重要視しましょう。現職の職場でキャリアとスキルを身につけておけば、転職の時にすぐ活用できますよね。

この記事を最後まで読んだあなたは、転職に年齢は関係ない事がわかりましたね。将来やりたい事があるなら、必要な資格の取得や情報収集をして転職活動を進めていきましょう。

前途でも紹介した長谷川貴子さんのインタビュー記事は、忙しくて行動を先送りしてしまう人やどんなスキルを磨けばいいのか分からずに悩んでいる人は参考にして欲しい情報です。

転職活動で悩んでいる人は、相談員を見つける事ができるみんなのエージェントに無料登録をしてみましょう。最後まで読んで頂きありがとうございます。