転職

仕事の失敗で悩んでいる人必見!辞めたい時に取るべき行動とは

長い間、会社で仕事をしていて突然、大きな失敗をしてしまうと責任を取って仕事を辞めたいと思ってしまい、深く落ち込みますよね。

この記事では、仕事で失敗をしてしまった時の対処法や仕事の失敗で、会社を辞める必要があるのか、無いのかの判断基準をご紹介しているので、失敗の問題解決に役立ちます。

なぜ、人は仕事で失敗をしてしまうのでしょうか。その原因は職場の環境が騒がしくて仕事に集中できない、対策マニュアルが無いなど会社側にも問題があります。

そんな、環境で働いて仕事の失敗が減らない、仕事の失敗が原因で仕事を辞めたいと悩んでいる人は、是非、この記事を最後まで読んで頂きたいです。

アイキャッチ画像出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/8297240/

仕事で大きな失敗した時にまずやるべき事とは

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3755755/

誰でも仕事で失敗をすれば、うろたえるものです。その失敗が大損害がでるような失敗なら会社を解雇されるのではないのか、この先どうしたらいいのか不安になりますよね。

ここでは、仕事で取り返しのつかない失敗をしてしまった時にすべき事を紹介します。まず、仕事で大損害をだしてしまった場合は、すぐに上司に報告をして指示仰ぎましょう。

ミスそのものよりも事後処理が重要になるからです。失敗を取り戻そうと自己判断で動く、失敗を隠すなどをすると事態がより悪化してしまいます。迅速に報告をする事が重要です。

そして、ミスをして迷惑をかけた相手や上司に直接謝るようにしましょう。ここで、言い訳や開き直りをすると相手に誠意が伝わらないので素直に謝罪の気持ちを伝える事が大切です。

仕事の失敗で落ち込んだ気持ちを切り替える方法とは

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/6382646/

仕事でミスをすると誰でも落ち込んしまうものです。ここからは、仕事の失敗で落ち込んだ気持ちを切り替える方法をご紹介していきます。

まず、仕事のミスで落ち込んだ時は、自分を責めずに客観的に失敗した原因を考えましょう。なぜなら、仕事の失敗を引きずると仕事に悪影響が出てしまいます。

では、具体的にどうしたら良いのでしょうか。まず、頼れる人に相談して全てを吐き出しましょう。話す事で自分の置かれている状況が頭の中で整理ができます。

もう一つの切り替え方法は、プライベートを利用してミスを忘れるようにします。ミスについて考えるとストレスが溜まり、精神的に負担になるので好きな事をして忘れる事も大切です。

仕事の失敗が多くて辞めたい人必見!失敗の原因を考えよう

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/874242/

仕事の失敗が多くて辞めたいと思い詰めている人は一度、失敗の原因を考えてみましょう。まず、職場の環境が原因で仕事に集中できない場合、失敗が多くなります。

例えば、書類や商品が乱雑に置かれているオフィスだと探し物が多くて、それが原因で注意力が低下してしまいミスが多くなる原因の一つです。

また、職場が騒がしいと仕事に集中できません。人が集中できる状態になるには23分必要だと言われています。騒がしいくて集中できないのなら職場を変える事も検討しましょう。

もし、ブラック企業で仕事をしているのなら、仕事のミスが多くなるのは当然です。長時間労働やパワハラは心身ともに疲れてしまうのでこの場合も職場を変える方が良いでしょう。

失敗が多いから仕事を辞めたい、どうしたら失敗を無くせるのか

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3807747/

ここでは、仕事の失敗が多くて仕事を辞めたいと思っている人への対策方法を紹介します。仕事を辞める前に、どうしたら失敗を無くす事ができるのかを考えていきましょう。

仕事の失敗を減らす対策方法4選
  • 仕事で失敗したらメモを取る習慣をつけよう
  • 失敗したらすぐ上司に報告をして原因を追及する
  • 短期集中で仕事をする
  • 分からない事は素直に聞く

仕事で失敗したらメモを取る習慣をつけよう

効果的な対策は失敗をしたらメモを取る事が大切です。仕事を教えてもらう時はもちろん、仕事で失敗をしてしまった場合もメモを残しておくと繰り返し同じ失敗をしなくなります。

メモを取る時のコツとは、どんな事を意識しれば良いのでしょうか。まず、メモを取る時は綺麗な字で書く、細かい部分も書く、メモを整理する、この3つを意識しましょう。

また、メモを取る事で上司や先輩からの印象も良く、仮にミスをしてもフォローしてもらえます。逆にメモを取らないと悪い印象を抱かれるのでどんな時もメモを取る癖をつけましょう。

失敗をしたらすぐ上司に報告をして原因を追及する

まず、仕事で失敗をしたら上司に報告をして合わせて謝罪をしましょう。なぜなら、上司であれば、新人や部下よりも早く問題解決ができる可能性があるからです。

失敗をしたら何が原因で失敗をしてしまったのか、どうすれば同じ失敗をしなくなるのかを考えましょう。この時、失敗は自分の責任である事を自覚して再発防止に努めるようにします。

  • 失敗をしたら言い訳をしない
  • すぐに責任者や上司に報告をする
  • 失敗の原因追及して再発防止に努める

短期集中で仕事に臨む

失敗が許されない仕事なら、短期集中で一気に仕事を終わらせることで失敗を減らすことができます。ダラダラと時間をかけて仕事をすると注意が散漫になり失敗に繋がります。

例えば、何時から何時まで集中したら何時まで休憩というように、時間を区切り途中で休憩を入れることで注意力を散漫になる事態を防ぎ、脳に負担をかけずに集中力をキープできます。

ここで、大事な事は時間の管理ですよね。最近では、スマホで管理できるおすすめのアプリもあるので利用してみましょう。下記のボタンからインストールできるようになっています。

アンドロイド版おすすめの時間アプリ

アイホン版おすすめの時間アプリ

分からない事は素直に聞く

分からない事を素直に聞くのは勇気が必要ですよね。この質問をしたら、怒られるとかバカにされるとか言われるのが怖くて多くの人が分かったふりをしてしまいます。

それなら、質問をして怒られる方が良いでしょう。実は、質問をする能力は社会人にとって強力な武器になり失敗を防止するだけでなくスキルアップにつながります。

どんな事でも素直に分からない事は、素直に聞くように心掛けましょう。社会人として害なのは知ったふりをする事です。

もちろん、何度も同じ質問をする、メモを見返せば分かる質問はしてはいけません。同じ質問をする又は、メモを見返せば分かる事を聞けば、あなたの評価を下げる事になります。

仕事の失敗が原因で辞めたい時に辞める辞めないの判断基準とは

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3769013/

仕事で大きな失敗をすると責任を取って辞めるべきか、辞める必要がないのか悩みますよね。ここでは、ミスが原因で仕事を辞める、辞めないの判断基準を紹介します。

まず、最初に考える事は、自分の非で失敗があるのかないのかを考えてみましょう。自分の非で失敗をしてしまった場合は、まだ会社を辞める必要はありません。

前文でも述べたように、失敗のメモを取ってないなど、改善の余地がある場合、失敗をしないような努力が必要です。それでも失敗が続くようなら仕事が合っていない可能性があります。

また、マニュアルがない、ミスをしたらすぐに怒鳴る、教え方が下手などの上司がいる場合は会社の教育制度が悪く、どんなに努力しても改善が難しいので転職を検討しましょう。

仕事の失敗が連発で多い人の特徴5選

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/5717203/

ここでは、特に仕事の失敗が連発してしまう人の特徴を5つご紹介していきます。自分はミスが多いと感じる人は、当てはまるものがないか確認してみてください。

仕事の失敗が連発してしまう人の特徴5選
  • すぐにクヨクヨして落ち込む人
  • 失敗を人のせいにして隠す人
  • 次からは気をつけようで終わりにする人
  • 失敗を仕分けする人
  • 失敗をしたら自己判断で行動してしまう人

すぐにクヨクヨして落ち込む人

よく、ありがちな事で仕事の失敗を連発してしまう人は「失敗をしてしまった」という気持ちで感情を引きずっている人は、気持ちを早く切り替えないと他の仕事に悪影響がでます。

その結果、他の仕事に集中できず注意が散漫になってしまい、新たな失敗を誘発すると言う負のループに陥ってしまいます。失敗をして反省したらすぐに気持ちを切り替えましょう。

失敗を人のせいにして隠す人

失敗を人のせいにする、または失敗を隠す人も仕事の失敗を繰り返します。このような、人は自分の失敗を受け入れない為、同じ失敗を繰り返すので決して成長できないでしょう。

また、怒られるのがヤダ、ミスした事を隠す、このような行動してしまう人は他の人に迷惑をかけるので要注意です。

そして、言い訳を並び立てて「初めての仕事だから失敗をした」とか「急がされたから失敗をしてしまった」と言う人もまた、他の人に迷惑をかけてしまいます。

次からは気をつけようで終わりにする人

仕事でミスをして気をつけようと思う事は大切です。しかし、中身のない次から気をつけようはミスを防止する事には役に立ちません。以下のように中身を掘り下げていきましょう。

ミスをしたら考えていくべき事
  • そもそも何に対して気をつけるべきだったのか
  • どのようにすれば今回のミスは防ぐ事ができたのか
  • ミスを防止する為に、今後なにをすれば良いのか

これらのポイントを抑えておけば、今後ミスをした時に、同じ過ちを繰り返えさないように具体的な対策ができることでしょう。

例えば、デスクワークの場合、スマホと手帳にスケジュールを記入していたけど、両方を確認せず誤記入に気づく事ができずに書類の提出日を間違えてしまった。

このような場合、今後はスマホでスケジュールを一括管理して誤記入が起きにくい仕組みにしておくなど、具体的な対策が考えられようになりますよね。参考にしてみてください。

失敗を仕分けする人

失敗を仕分けする人とは、どんな問題行動をしてしまうのでしょうか。自分では、小さな失敗だと思い込んでいた事が、やがては大きな失敗に繋がってしてしまう事が問題です。

例えば、医療現場で働くスタッフが使用期限の切れた薬品を「使用期限は切れていても大丈夫」と判断して医師に報告をせずに使用したら人命に関わる事態になりますよね。

この例えは少し大げさですが、小さなケアレスミスだったとしても、ミスの頻度が高ければ社会人としての信用がなくなってしまいます。

その為、大きな失敗、小さな失敗と仕分けをするのではなく、どんな失敗でも報告する、繰り返えさない、反省する事が重要なことです。

失敗をしたら自己判断で行動してしまう人

前回、失敗した時にこういった処理をしたから、今回も大丈夫といって上司や担当者に確認も取らずに憶測だけで行動してしまう人はいませんか。失敗を勝手に処理してはいけません。

もちろん、プロジェクトリーダーなど現場の指揮を任せれている立場なら、経験やスキルが豊富な為、適切な判断で部下を動かす事が会社から求められているので自己判断で行動できます。

しかし、責任者でもない人が、自己判断や憶測で勝手に行動をしてはいけません。特に、仕事が慣れていない新入社員は失敗を自己判断で解決すると更に失敗してしまう事があります。

仕事で失敗して疲れたら休暇を取ろう

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3767411/

今まで、ご紹介した方法や対策をしても失敗が無くならい場合、あなたは疲れている可能性があります。特に長時間労働で働いているのなら尚さらです。

有給休暇など使っていない休暇があれば、これを機会に休暇を申請してみましょう。最近では、法令を重視する企業が増えているので相談すると意外と休暇を取得できます。

もし、使える休暇がない場合は、残業をしない工夫をするもしくは、残業になるようなら上司に相談して残業をしない日を作りゆっくりと休みましょう。

疲れが溜まった状態で仕事を続ければ、失敗が増え仕事に支障が出てしまいます。最悪の場合、うつ病や精神病になる事もあるので適度に息抜きをしてストレスを軽減しましょう。

失敗が多くて仕事を辞めたい人は転職エージェントに相談しょう

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/4101143/

いくら努力しても失敗が減らない、仕事が合っていない、時間外労働が多く疲労やストレスで失敗が多いと言った人は、思い切って転職を検討してみましょう。

「失敗ばかりしている自分を受け入れてくれる職場なんて無いのでは、」と考えている人は転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは、あなたの代わりに求人を探してくれるだけでなく、無料で転職の相談、面接対策や書類添削までやってくれるので転職活動の強い味方になってくれます。

なお、転職エージェントは何社か存在するので、まずは、無料で無限にサポートが受けることができるマイナビエージェントを利用してみましょう。

失敗が原因で仕事を辞めたいが次はどんな職種が良いのだろうか?

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/macbook-air-5546815/

前章でご紹介したマイナビエージェントでは、おすすめの求人情報を紹介してくれるだけではなく、紹介を受け続けることで自分自身が気づいていない強みを知る事ができます。

そして、さまざまな職種に関する知識を身につけることができるので、自分が次に就きたい職種が何かを考えられるようになります。

また、失敗をすると上司や同僚に注意を受けて人間関係で悩む事が増えます。そこでおすすめなのが一人で働ける職種です。一人で働けるおすすめの職種は下記でご紹介します。

一人でできるおすすめの職種3選
  • タクシードライバー
  • ビルメンテナンス
  • トラックの運転手

この中で一番おすすめなのは、タクシードライバーです。安全運転を心掛けていれば重大な失敗がおこる事がありません。タクシー業界未経者でも転職しやすい体制になっています。

【まとめ】仕事が辛くて仕事を辞めたい時は退職代行を使おう

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1650209/

今の会社で仕事をするのが辛い、失敗が相次いで上司や同僚の風当たりがきつくて、会社を辞めたいが退職になかなか踏み込めない、そんな時は迷わず退職代行を利用しましょう。

退職代行は、会社に一切連絡を取ら事がなく、スムーズに退職ができます。また、労働組合と提携しているので会社との交渉もできるので安心です。

この記事を読んだあなたは、仕事で失敗をしてしまった時の対処法や仕事での失敗を活かして、今後の対策を考えられるようになったのではないでしょうか。

また、失敗を防止する為には、メモを取り同じ失敗を繰り返えさない、上司に報告、謝罪をする事が大切です。この記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。