未分類

コーヒーのシミは簡単に落ちる!落とし方や注意点を丁寧に解説!

お気に入りの服にコーヒーのシミがついてしまった時、すごく焦ってしまいますよね。

コーヒーのシミは色が濃いので「落とせないのではないか」と心配になるかもしれません。

しかし安心してください。コーヒーのシミは自宅や外出先でも落とすことができます!大切なのは、シミができたら放置せず、すぐに対処することです。

コーヒーのシミは、早めに対処した方が簡単でキレイに落とせる確率が高いのです。

この記事では、コーヒーのシミの落とし方を丁寧に紹介しています。シミを抜く際の注意点も記載していますので、必ず合わせてお読みください。

適切な対処方法を知って、キレイにシミを落としましょう!

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc-%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97-%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5-1973549/

コーヒーの汚れの特徴

コーヒーのシミができる理由は、コーヒーの成分であるカフェインやタンニン、タンパク質、色素などが服の繊維組織に浸透するためです。

コーヒーのシミの色は濃いので焦ってしまうかもしれませんが、コーヒーのシミは水溶性なので、すぐに対処すれば比較的落としやすいシミです。

しかし、時間が経ってしまうと組織の奥まで色素が入り込んで、シミを落としにくくなります。

そのため、シミができたらできるだけ素早い対処が重要なのです。

コーヒーのシミを落とす前に注意する点

コーヒーのシミを落とし始める前に、注意する点が3点あります。お気に入りの服にシワができたり、色落ちしたりしないために、注意点を理解しましょう。

コーヒーのシミを落とす前に注意することは、以下の3点です。

  • 服によって水洗いできないものがある
  • 色柄物は色落ちすることがある
  • お湯を使うとシミが落ちにくくなる

それでは、それぞれの注意点を詳しく解説していきます。

服によって水洗いできないものがある

1つ目は「服によって水洗いできないものがある」ことです。

洗濯表示タグに「水洗い禁止(家庭洗濯禁止)」の表示がある場合は、家庭でシミを落とすのはオススメしません。

例えば、高級な衣料生地に用いられるシルクやレーヨンなどは水に弱く、水につけるだけでシワや縮みを起こしやすい素材です。

他にも、ウールやカシミヤ、麻なども「水洗い禁止」の表記が多い素材です。

もしシミを落としたい服が水洗いできない素材だった場合は、クリーニングに出すことを考えましょう。家庭で落とすのが難しいシミも、服を傷めず綺麗に落としてくれます。

まずはシミ落としをしたい服の洗濯表示タグを見て、家庭で水洗いができるか確認しましょう!

筆者撮影

色柄物は色落ちすることがある

2つ目は「色柄物は色落ちすることがある」です。

シミを落とすときに洗剤を使用すると、服によっては色落ちしてしまうので、事前にテストする必要があります

方法は、洗剤を含ませたタオルか布を服に軽く押しつけるだけです。この時タオルに色が移ってしまった場合は、家庭でシミを抜くのは避けた方が良いでしょう。

お湯を使うとシミが落ちにくくなる

3つ目は「お湯を使うとシミが落ちにくくなること」です。

コーヒー豆には微量なタンパク質が含まれていて、タンパク質は高温で固まる性質を持っています。

そのため、コーヒーのシミをお湯で落とそうとすると、かえって繊維の中で固まってしまいシミが落ちにくくなってしまうのです。

シミを抜くときは、ぬるま湯か水を使うようにして、お湯を使うのは避けましょう。

コーヒーのシミの落とし方【外出時】

外出先で道具がない状況でも、シミを落とす手段はあります。この方法はお店のトイレや公園の水道など、水道が使える場所に行って実施してください。

外出先でコーヒーのシミを落とす道具と手順を紹介します。道具は以下のものを用意してください。

  • ハンカチかおしぼり
  • 石鹸(なければ水だけ)

外出先でコーヒーのシミを落とす時は、以下の手順で行ってください。

  1. 石鹸をシミ部分に石鹸を染み込ませる
  2. シミがついた部分の表側に、乾いた布(ハンカチやタオル)を当てる
  3. 石鹸をつけた布(ハンカチやおしぼり)で、シミの裏側を叩く
  4. 表側に当てた布にコーヒーを移すようにして、何度か繰り返す

手順は手洗いの時とあまり変わりません。しかし、外出時は食器洗い用中性洗剤を準備するのは難しいので、石鹸で代用しましょう!

応急処置的な対処法なので、完璧にシミを落とせない時もあります。

しかしこの対処法を行わないと、後からシミを落とそうとしても、シミが繊維組織内で固まってしまい落とせなくなる可能性があります。

あとからシミを落とすときのためにも、応急処置は必要なのです!

外出先でコーヒーをこぼしてしまっても慌てずに、冷静に対処してシミを防ぎましょう!

中性洗剤を使うことで服が傷みにくくなる

コーヒーのシミを落とす時、中性の洗剤を選べば服が傷みにくくなります。

中性洗剤は汚れを落とす力は少し弱めですが、素材や手肌に優しい性質です。対して弱アルカリ性は汚れが落ちやすくなるものの、服に少し負荷がかかってしまいます。

そのため、食器洗い用洗剤は手が荒れないように中性の商品が多く、洗浄力を売りにした洗濯用洗剤には弱アルカリ性が多いのです。

シミを落とす時に服のダメージが心配な場合は、まず中性の洗剤から試してみましょう。シミが落ちなければ、洗浄力の強い弱アルカリ性の洗剤を使うのが良いでしょう。

コーヒーのシミの落とし方【手洗い】

手洗いでコーヒーのシミを落とす方法は簡単で、5分程度で終わります。シミができたらできるだけ早めに対処してくださいね!

手洗いでコーヒーのシミを落とす道具と手順を紹介します。道具は以下のものを用意してください。

  • 食器洗い用中性洗剤
  • タオル
  • 歯ブラシ

手洗いでコーヒーのシミを落とすときは、以下の手順で行ってください。

  1. シミに直接食器洗い用中性洗剤をつける
  2. シミの表側に乾いたタオルか布を敷く
  3. シミの裏側を歯ブラシで軽く叩いて染み込ませる
  4. 洗剤を水ですすぐ
  5. シミが落ちるまで手順2〜3を繰り返す

それぞれの手順を画像付きで解説します。今回は例として、袖にコーヒーのシミがついた服を用意しました。

筆者撮影
筆者撮影

まずはシミに直接食器洗い用中性洗剤をつけましょう。洗剤が少ないとシミが落ちないことがあるので、シミ全体に広がるくらいの量をつけましょう。

筆者撮影

次に服を裏返して、シミの表側に乾いたタオルか布を敷きましょう。

筆者撮影

乾いたタオルか布を敷いたら、シミの裏側を歯ブラシで軽く叩きます。この時に擦らないようにしてください。タオルにシミを移していくイメージです。

筆者撮影

30秒ほど歯ブラシで叩いたら、洗剤を水ですすぎましょう。このとき生地を強く揉んだり擦ったりすると、生地が伸びてしまうことがあるので注意してください。

シミが落ちるまで「洗剤をシミにつける→歯ブラシでシミを叩く→洗剤をすすぐ」を繰り返します。

筆者撮影

手洗いのシミ落としを試した結果、コーヒーのシミがキレイに落ちました!所要時間は4〜5分程度です。非常に簡単な方法なので、ぜひお試しください!

コーヒーのシミの落とし方【洗濯機】

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%b4%97%e6%bf%af%e6%a9%9f-%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc-2668472/

コーヒーのシミができても、すぐに洗濯機を使えばほとんどのシミは落とせます。

方法は簡単で、シミ部分にスポット洗剤をつけて洗濯機に放り込むだけです。スポット洗剤には液体タイプやスプレータイプがあり、スーパーや薬局、ネット販売で購入できます。

非常に簡単な方法なので、もし洗濯機を使える環境や時間があれば試してみてください。ただし、スポット洗剤がない場合や頑固なシミである場合は、事前の手洗いが必要です。

ミルク入りコーヒーのシミの落とし方

ミルク入りコーヒーのシミの落とし方は、ブラックコーヒーとは異なります。

ミルクが入っていると油分も多く含まれるため、手洗いで水を使うと油が固まって、余計落としにくくなるのです。

ミルク入りコーヒーのシミを落とす道具と手順を紹介します。道具は以下のものを用意してください。

  • 食器洗い用中性洗剤
  • バケツ
  • 歯ブラシ

ミルク入りコーヒーのシミを落とす時は、以下の手順で行ってください。

  1. バケツに40℃のお湯を張り、シミの部分を5〜10分浸ける
  2. お湯から取り出し、食器洗い用中性洗剤をシミにかける
  3. シミの表側に乾いた布を敷いて、歯ブラシでシミの部分を裏側から叩く

歯ブラシでシミを叩く作業は、シミが取れるまで根気よく続けてください。もし取れなければ「洗濯機でシミを落とす方法」も一緒に試してみましょう!

洗濯機でシミを落とす方法はたったの2ステップなので簡単です。

  1. シミ部分にスポット洗剤をつける
  2. 洗濯機に入れる

スポット洗剤は薬局やスーパー、ネット通販で簡単に購入できます。

ミルク入りのコーヒーをこぼしてしまったら、まずは食器洗い用洗剤を試して、必要なら洗濯機を使ってみましょう!

時間が経ったコーヒーのシミの落とし方

コーヒーのシミができて時間が経った服の場合は、酸素系漂白剤を使ってシミを落としましょう!

コーヒーのシミは時間が経ってしまうと繊維に浸透して落ちにくくなります。頑固なシミには洗浄力の強い漂白剤が有効です!

ただし、まずは漂白剤を使う前に、洗濯表示タグを確認しましょう。画像のような「三角形にバツ」が書かれている表示があると、酸素系漂白剤の使用が禁止されています。

酸素系漂白剤を使えない場合は、クリーニング屋さんに相談してみてください。

筆者撮影

漂白剤でシミを落とすときに必要な道具と手順を紹介します。道具は以下のものを用意してください。

  • 酸素系漂白剤
  • バケツ
  • タオル

漂白剤を使ってシミを落とすときには、以下の手順で行ってください。

  1. 漂白剤を薄める
  2. 薄めた漂白剤をタオルにつける
  3. シミを表側からタオルで叩く
  4. シミが薄くなったら、洗濯機で洗濯する

それぞれの手順を画像付きで解説します。今回は例として、シミができて5時間経過した服を用意しました。

筆者撮影
筆者撮影

まずは漂白剤を薄めます。漂白剤の薄め方は商品によって異なるので、商品のパッケージを確認してから薄めましょう。

漂白剤が濃すぎると、服が傷んだり、手が荒れたりするので注意してください。

筆者撮影

次に、薄めた漂白剤をタオルにつけましょう。タオルに薄めた漂白剤をつけたら、シミを表側からタオルで叩いてください。

このときシミを擦らないよう注意してください。シミを擦ると服を傷めてしまう可能性があります。

筆者撮影

画像のようにシミが薄くなったら、洗濯機に服を入れて洗濯してください。

筆者撮影

時間が経ったシミでも、漂白剤を使ってキレイに落とすことができました!

漂白剤は使用方法を誤ると危険ですので、しっかりとパッケージを読んだ上で使用しましょ う!

コーヒーのシミが落とせなかった時はクリーニングへ!

コーヒーのシミがどうしても落ちない時や、水洗い禁止の服の場合はクリーニング屋さんに依頼しましょう。

プロが提供するサービスなので、一般家庭では落とすのが難しいシミも、生地を傷めずにキレイにしてくれます!

お金はかかりますが、新しく買い替えるより安上がりだったり、大切な服だったりする場合はクリーニング屋さんへ依頼することをオススメします!

まとめ:今できるコーヒーのシミの落とし方を実践しよう!

出典:https://www.pakutaso.com/20210643162t-32.html

この記事では、コーヒーのシミを落とすときの注意点と、シミを落とす方法を紹介しました。

コーヒーのシミを落とす前の3つの注意点を、以下にまとめました。

  • 素材によって水洗いできない服がある
  • 色柄物は色落ちすることがある
  • お湯を使うとシミが落ちにくくなる

コーヒーのシミの落とし方は、以下の3つの方法を紹介しました。

  • 外出時に落とす方法:石鹸やハンカチなど、すぐに用意できる道具を使って落とす
  • 手洗いで落とす方法:シミに食器洗い用中性洗剤をつけて、歯ブラシで叩いて落とす
  • 洗濯機で落とす方法:スポット洗剤をシミにつけて、洗濯機で洗濯して落とす

以上の方法に加えて、ミルク入りコーヒーのシミはブラックコーヒーとは異なり、お湯と食器洗い用中性洗剤でシミを落とします。

時間が経ったコーヒーのシミを落とすときは、漂白剤を使うとシミを落とせるので、ぜひ試してください!

コーヒーのシミは水溶性なので、シミを落とすのは難しくありません。注意点を理解して適切な対処をすれば、シミは簡単に落とす事ができます。

特に大切なのは、シミができたら放置せず、すぐに対処することです。

この記事を見たらすぐに、今できる方法でシミを落としましょう!

ライター情報
  • 大城一輝