研修

仕事を辞めたいと思ったときの判断ポイントとは?対処法も詳しく紹介

「仕事を辞めたい」と思った経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

とはいえ、実際に今の仕事を辞める決心はそう簡単にできないものです。「あの時は辞めたいと思ったけど、やっぱり転職しない方がよかった」と後悔するかもしれないと思うかもしれません。

そこでこの記事では、仕事を辞めるべきか迷った時の判断のポイントや、退職の流れ、転職する際のポイントなどをを紹介しますので最後まで見ていただき参考にしてください。

アイキャッチ画像出典:https://www.pakutaso.com/20190853227post-22721.html

なぜ仕事を辞めたいのか考えよう

今の仕事を辞めたいと思ったときに理由は様々あると思いますが、今の仕事を辞める前に今一度、自分がなぜ仕事を辞めたいのか考えてみましょう。

仕事を辞めるかどうかを判断するには、自分の気持ちや考えを整理し、「本当に今の会社で希望する働き方ができないのか」を確認することが大事なこととなります。

最終的な判断はご自身の判断となってしましますが、転職が当たり前になってきている現代に一つの会社にとどまる必要はないということは覚えておきましょう。

仕事を辞めたいけど迷ったときの判断はどうしたらいい?

出典:https://www.pakutaso.com/20220212052post-38983.html

仕事を辞めたい気持ちに根拠があるとわかっても、実際に会社を退職して転職すべきか、すぐには判断がつかず迷ってしまう人も多いでしょう。

下記のような場合には悩まずに転職することをお勧めいたします。

仕事を辞める理由
  • 給与や待遇面で不満を感じている。
  • 職場の人間関係に苦しんでいる。
  • 勤務時間や労働環境に不満を感じている。
  • 福利厚生に不満を感じている。
  • 体調を崩している。
  • 家庭の事情で仕事を続けるのが難しい。

上記のような内容で仕事を辞めるべきか悩んでいるのならば、会社に待遇改善を求めても難しいところがあるので迷わず転職しましょう。

仕事を辞めたいときのNG行動とは?

仕事を辞めたい時のNG行動は2つあります。NG行動をとらないためにもしっかり見ていきましょう。

NG行動
  • 我慢する
  • 無断欠勤をする

我慢をする

何においてもある程度の我慢は必要かと思われますが、仕事を辞めたいと思うのであれば我慢していることがかなりあると思います。

ご自身の限界を迎える前に、これ以上我慢しないようにしましょう。ですが、我慢しなくてもいいという訳ではありませんので注意しましょう。

無断欠勤をする

無断欠勤は一番してはいけないこととなります。場合によっては円満退社ができなくなり、周りからの冷たい視線を浴びることとなってしまいますので、無断欠勤はしないようにしましょう。

それに無断欠勤は信用を失うだけでなく会社によっては懲戒処分の対象となってしまいますので気を付けましょう。

仕事を辞めたいと思ったときに考えることとは?

出典:https://www.pakutaso.com/20220357063post-38675.html

仕事を辞めたいと思ったときに考えなければならないことは、転職と退職する為にはどうしたらいいのかです。

今の仕事を辞めるとなると、ついて回るのは転職と退職の準備となります。どちらもそれなりに準備が必要となりますので、退職を考え始めたら同時進行で考え始めましょう。

転職については今の仕事を辞めた後に考えたいのであれば急ぐ必要はありませんので、今の自分がどうしたいかをはっきり決めておきましょう。

仕事を辞めたいけど退職するにはどうしたらいい?

仕事を辞めることは決めたけど、仕事を辞めるにはどうしたらいいのか分からない。なんてことを耳にします。

退職の意思が固まったら、まずは早めに上司にその気持ちを打ち明けましょう。伝えるのがギリギリになると、業務に支障をきたすなど職場に迷惑がかかる恐れもあります。

ほとんどの会社では、就業規則に退職の何カ月前までに退職の意思を伝えなければならないなどの規定がある場合が多いようです。会社によってどのくらい前から伝えるべきか異なるので、確認するようにしましょう。

それでも上司に相談しづらい場合は、退職代行というサービスがあるので覚えておきましょう。ですが費用としては30,000円~50,000円程費用が掛かってしまいますので注意が必要です。

仕事を辞めたいと思ったときに今からできる準備編①

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e9%a3%b2%e3%82%80-%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc-%e4%bb%95%e4%ba%8b-%e4%bd%9c%e6%88%90-864958/

上記でも少し触れましたが、仕事を辞めた時には転職が付き物となりますので「転職サイトに登録」しておきましょう。

近年転職サイトのニーズは高まっており、転職サイトの強みとして手厚いサポートに加え、ハローワークに行かなくても携帯一つで職場を探すことができてしまいます。

その上、給料形態や労働条件、休暇制度も詳細に絞り込めるので、ご自身の希望に合った会社を見つけやすくなっています。

仕事を辞めたいと思ったときに今からできる準備編②

仕事を辞めたいと思ったときに今からできる準備として次に紹介するのは「失業保険が受給できるか」を調べておきましょう。

失業保険とは失業者の生活を救済するために、失職後の一定期間、それまでの賃金の何割かを支給した社会保険から受け取れる手当となります。

失業保険を受け取る為には条件がありますので、自分がその条件に該当するのか調べましょう。

失業保険を受け取ることで、次の職場探しも急ぐ必要がなくご自身の気持ちにも余裕が生まれますので、受け取れるものは受け取りましょう。

退職の流れとは?

退職することを決めたら退職するまでの流れを決めましょう。退職までの流れを決めることで退職までの流れがスムーズにいきます。退職までの流れは下記を参考にしてください。

退職までの流れ
  • 転職活動を含め再就職までのスケジュールを決める
  • 退職の意思を上司に伝える
  • ご自身の仕事を同僚に引き継ぐ

転職活動を含め再就職までのスケジュールを決める

転職活動には平均約3ヶ月、退職までには1~2か月程度を要します。そのため繁忙期や現在の状況なども考慮しながらスケジュールを立てるようにしましょう。

かと言って、会社の状況を気にしすぎていては何時まで経っても退職できないのである程度で目途を立てることをお勧めします。

また転職活動は心身共に負担がかかります。転職活動を早く終わらせたいがために適当な会社を選んでしまって後悔することも多いです。

転職活動で失敗しないためにも会社選びは慎重に行うようにしましょう。

退職の意思を上司に伝える

会社に規定は様々あるかと思われますが、退職日の1~2カ月前に退職の意向を伝えておくといいでしょう。

円満に退社を望むのであれば、退職の意思を早めに伝えておくことで仕事の引継ぎ等もできますので早めに上司に伝えるようにしましょう。

ご自身の仕事を引き継ぐ

退職をする前にしなければならないのが、ご自身の業務の引継ぎです。退職するからと言えども後任のためにもしっかりと引継ぎをしてあげましょう。

残務整理もしっかりと行い、晴れ晴れした気持ちで次のステップへ踏み出しましょう。

退職する為にしておくこと

上記でも少し触れていますが、退職をするときにしておいた方がいいことを下記表にしますので参考にしてください。

退職する為にしておくこと
  • 退職までのスケジュール決め
  • 手順書の作成
  • 業務の引継ぎ

退職するのであれば後任の育成をしなければならないので、手順書を作成しておくことで引継ぎがスムーズになります。

細かい部分に関しては引き継ぎ書にも記載できない部分があるかと思われますので、引継ぎをする際に口頭で教えてあげるようにしましょう。

まとめ:次のステップに進むために

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e4%ba%ba-%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%ab-%e5%86%92%e9%99%ba-2591874/

ひと昔前は退職することが悪みたいなところがありましたが、現代は退職することを前提に今の会社に入っているような人もいます。

むしろ、転職をすることで自分のスキル向上が図れたりするので、ご自身が辛いなら転職することは今後の人生を左右する決断となるかもしれません。

次のステップへ進み見たいのであれば多少の苦労は避けられませんので合わせて覚えて置くといいでしょう。

短い人生ですので後悔のないようにしましょう。この記事が仕事を辞めるか悩んでいる方の参考になれば幸いです。