美容

若いうちから対策を!シミの効果的な予防法とおすすめ化粧品

この記事では、シミの原因、予防や対策についてお話ししていきます。

女性にとっては、誰しも1度は悩んだことのあるであろう「シミ」問題。既にできてしまったシミの対策はもちろん、今後シミを作らない予防法も気になりますよね。

シミの原因をしっかり理解し、その上で有効な予防、対策法を知って、ぜひ実践してみてください!

https://www.photo-ac.com/main/detail/3286235?title=%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%83%93%E3%82%84%E8%82%8C%E8%8D%92%E3%82%8C%E3%82%92%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E8%8B%A5%E3%81%84%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8&searchId=3464693508

そもそも、シミはどうしてできるの?

シミの予防法を理解するためには、その原因を知ることが重要です。そのため、まずはシミの原因について、ご説明していきます。

シミの原因となるものは、大きく分けて以下の4種類が挙げられます。

① 紫外線によるもの(日光黒子)

https://www.photo-ac.com/main/detail/3495954?title=%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%20%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A&searchId=2113839464

シミの中で最も多いタイプがこちらです。紫外線を多く浴びると、シミの元となる「メラニン色素」が過剰に生成され、そのまま皮膚に沈着してしまいます。

特に、代謝が悪くなり始める中年以降に増え、年を重ねるごとに濃くなります。

② ニキビ、かぶれなどの炎症によるもの(炎症後色素沈着)

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%AB%E3%81%8D%E3%81%B3-%E6%AF%9B%E7%A9%B4-%E7%9A%AE%E8%86%9A-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E9%A1%94-1606765/

こちらは、肌の炎症が治った後にできるシミです。時間とともに薄くなるものが一般的です。

③ 遺伝によるもの(雀卵斑)

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E5%AD%90-%E3%81%9D%E3%81%B0%E3%81%8B%E3%81%99-4305416/

いわゆる「そばかす」がこれに当たります。3歳頃から発症し、思春期でピークを迎えます。その後年を重ねるにつれて薄くなる傾向にあります。

④ ホルモンバランスによるもの(肝斑)

https://pixabay.com/ja/photos/%E7%A7%8B-%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E6%B5%B7-1850044/

妊娠・経口避妊薬(ピル)などにより女性ホルモンが乱れにより発症します。

ほほ骨、額、口の周辺などに左右対称にできるのが特徴です。30~40歳で多く発症し、閉経とともに次第に薄くなっていきます。

このように、シミはできる原因がいくつかあり、それぞれに対して対策を講じる必要があります。

シミの効果的な予防法①:紫外線対策を入念に行う

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E6%89%8B-4713579/

シミを予防するための基本の極意といえば、「紫外線対策」ですね。

紫外線対策の方法として、以下の3つのアイテムを紹介していきます。

① 日焼け止め

日焼け止めを塗ることにより、紫外線のダメージから肌を守ってくれます。

外出をする時は、必ずSPF20以上の日焼け止めを使いましょう。

また夏場はもちろん、冬場室内でも忘れずに使用してください。

② サングラス

サングラスをかけることで、目のまわりのシミの生成を抑えてくれます。

また、目から紫外線が体に取り込まれると、メラニン色素の生成が促進されることがわかっています。そのため、目を守るサングラスはシミ予防にとって重要であると言えるでしょう。

③ 日傘

日傘を使用することで、顔、首まわりを紫外線から守ってくれます。ただし、紫外線は上からだけでなく、地面から反射することで浴びてしまう場合もあるため、衣服ストールで全身を隠すことをお勧めします。

シミの効果的な予防法②:ビタミンCを積極的に摂取する

https://www.photo-ac.com/main/detail/327019?title=%E9%87%8E%E8%8F%9C%E3%82%92%E5%88%87%E3%82%8B%E6%89%8B%E5%85%839&searchId=3242492300

2つ目の対策として、ビタミンCを多く摂取することが挙げられます。

ビタミンCは、シミの元となる「メラニン色素」の生成を抑え、またシミを薄くする効果もある優れた栄養素です。

ビタミンCの豊富な食べ物として、代表的なものは以下の通りです。

  • フルーツ : レモン、キウイ、イチゴ、アセロラ、柿
  • 野菜   : トマト、カボチャ、ホウレン草、ブロッコリー
  • その他  : 玄米

また、ビタミンCを摂取するときには、以下の3つに注意してください。

  • ビタミンCは熱に弱く、調理の過程で失われてしまうため、できるだけ「生のまま」食べること。
  • 1日3食の中で継続的に食べ続けること。
  • 柑橘系には「ソラレン」という、紫外線を吸収する成分も入っているため、朝の摂取は避けること。

シミの効果的な予防法③:毎日のスキンケアを欠かさない

https://www.pakutaso.com/20180343067post-15499.html

次に紹介するシミ対策は、毎日のスキンケアです。スキンケアを行うことで、①シミの原因となる「メラニン要素」を落とす、②シミの大敵である「乾燥」を抑えてくれる、といった効果があります。

スキンケアの種類は、主に以下の2つに分類することができます。

① 洗顔

毎日の洗顔によって、シミの元になる「メラニン色素」が汚れと一緒に排出されます。

きちんと洗顔をしないと、メラニンが顔に停滞し、シミを作る原因となってしまいます。

きめ細かく肌に優しい洗顔フォームを使用し、毎日のお手入れを欠かさないようにしましょう。

② 保湿

肌は乾燥すると、紫外線や摩擦のダメージを受けやすくなります。

特に洗顔後には肌が急激に乾燥するため、化粧水乳液美容液などのスキンケアをこまめに行ってください。

シミ予防におススメの日焼け止め

シミ予防におススメの日焼け止めは、資生堂「アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク a」です。

こちらの日焼け止めは、2019年のベストコスメアワードで1位に輝きました。

この商品の特徴は、熱、汗、水によってUV膜が強くなるという点です。

また化粧下地にも使え、石鹸のみで落ちる点も嬉しいポイントですね。

基本情報

シミ予防におススメのスキンケア(洗顔)

洗顔でおススメする商品は、洗顔専科「パーフェクトホイップu」です。

こちらは、「ミクロ濃密泡」と呼ばれる粒子のきめ細かい泡が特徴的で、これにより毛穴の奥の汚れまですっきり落とします。

天然の白まゆから成分を抽出しており、保湿や刺激から守る効果も抜群です。

Wの白まゆパワーで汚れ、乾燥、刺激からお肌を守ってくれること間違いありません。

基本情報

シミ予防におススメのスキンケア(化粧水)

化粧品部門でおススメしたい商品は、オルビス「アクアフォースホワイトローション M」です。

こちらの「アクアフォースホワイトローション M」は、2020年上半期ベストコスメを受賞しています。

紫外線を”浴びる前”の対策として有効とされていて、シミ予防にはピッタリの化粧水。

「ビタミンC誘導体」という成分が入っており、”すぐに”×”ずっと” 美白効果が出るのが嬉しいですね。

また他のスキンケアと比べて値段が安く抑えられているため、化粧品にお金をかけられない人にもおすすめです。

基本情報

シミ予防におススメのスキンケア(美容液)

次に、乳液でおススメしたい化粧品は、SK-Ⅱ「ジェノプティクス スポットエッセンス」です。

女優の綾瀬はるかさんも愛用していることで有名な「SK-Ⅱ」

この「ジェノプティクス スポットエッセンス」は、日焼けによるシミの生成を防いでくれる美白美容液です。

SK-Ⅱオリジナルの天然由来成分「ピテラ」と、「スポットレジストコンプレックス」という複合成分が入っており、美白、整肌、肌荒れ防止などの様々な効果が期待できます。

基本情報

シミ予防におススメ乳液のスキンケア(乳液)

最後に、シミ予防におススメの乳液をご紹介します。それは、キュレル「美白ケア 乳液」です。

キュレル「美白ケア 乳液」は、乾燥性敏感肌の人でも安心して使用できる、低刺激性の美白乳液です。

メラニンの生成を抑える美白有効成分と、潤いを保つ保湿成分の両方が入っていて、多方面でのシミ対策に役立ちます。

しっとりとして肌なじみのあるクリームが、お肌を優しく包み込んでくれます。

基本情報

まとめ

以上、シミの原因と、その予防法について、様々な対策をお伝えしました。

「若いから、シミ対策をするのはまだ早いだろう」そう思っている方は、要注意です。

若い時に浴びた紫外線は蓄積され、年を重ねた段階でシミとして現れます。また、若いうちに紫外線をたくさん浴びると、メラニン色素の働きが活発になり、その結果、シミが作られやすくなるのです。

今回紹介した内容を是非参考いただき、紫外線対策や保湿をしっかり行うほか、生活習慣を整えて日ごろからシミ対策をしっかりと行いましょう。