研修

話題の格安SIMとは?安さの理由、メリットデメリットがわかる!

最近よく広告などで目にする格安SIMとは、一体何なのでしょうか?あなたも「よく聞くけど何のこと?」と思いますよね。

しかも格安と聞くと、危険なニオイがします。「安いのは嬉しいけど安全性が心配…」と手が伸びにくいのが現状です。

私も格安SIMを利用していますが、同僚たちから「それ大丈夫なの?」と不審がられました。ぜひあなたには、その不安をなくしてほしいのです。

 

この記事を読めば、格安SIMとは何なのか、安さの理由やメリットデメリットがわかり、不安もなくなります!

(アイキャッチ画像出典:https://unsplash.com/photos/NEv65ZXjuLg)

格安SIMとは何のこと?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3419276?title=SIM%E4%BA%A4%E6%8F%9B&searchId=2334802804

格安SIMとは、格安で利用できる携帯電話サービスのことです。大手キャリアに比べると、利用料金が格安に設定されています。

大手キャリアとは、docomo、au、ソフトバンクといった大手携帯電話会社(大手キャリア)のことを指しています。

また大手キャリアと比べ、利用できるプランが豊富であることも、格安SIMの大きな特徴です。電話も使用できるプラン、データ通信のみのプランなどがあります。

そもそもSIMって何?

SIMはICカードのことで、利用者の情報が入っており、SIMカードと呼ばれています。

店舗ではスタッフの方が操作してくれるので、見たことがないかも知れませんが、あなたのスマホにも入っているんですよ。

また、スマホを使った通信や通話は、SIMカードに電話番号を結びつけることで可能となっています。

つまりスマホは、SIMカードが入ることで初めて、「電話機」の役割を果たすことができるのです

格安SIMができたきっかけ

大手キャリアがスマホ市場を独占する中、格安SIMはなぜ誕生したのでしょうか?その理由は、利用形態の多様化です。

現代の私たちは、電話をしたり、ネットを見たり、ゲームをしたり…とスマホを様々に利用しています。

メインの利用目的が多様化した現代のユーザーが、自由に料金やサービスを選択できるよう、スマホ市場も多様化していったのです。

時代とともに、私たちのニーズへ応えるために変わっていったということですね。

格安SIMは普及している?

最近よく耳にする格安SIMですが、実際どれくらいの人が使ってるのでしょうか?

ICT総研の2021年5月MVNO格安SIMの利用者動向調査を参照すると、およそ6人に1人がMVNOの格安SIMを利用していることがわかりました。(出典:https://ictr.co.jp/report/20210526.html/

また、ワイモバイルや楽天モバイル、UQmobileなどの格安SIMも含めるとさらに利用されています。利用者はどんどん増え、普及してきていると言えますね。

「格安」には理由がある!

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4545435?title=%E9%83%A8%E5%B1%8B%E3%81%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89OK%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E8%8B%A5%E3%81%84%E5%A5%B3%E6%80%A7&searchId=3340680538

格安SIMが「格安」な理由は以下の2つ。理由が明らかになることで、「安全なの?」というあなたの不安がなくなると嬉しいです。

格安SIMが格安な理由
  • 大手キャリアから通信設備を借りているから
  • 店舗を持たずに人件費を抑えているから

①大手キャリアから通信設備を借りているから

格安SIMを提供する事業者「MVNO」は、大手キャリアの通信施設を借りて電波を飛ばしています。かつては大手キャリアが施設を独占していました。

大手キャリアから通信設備を借り、コストを抑えることで、私たちユーザーの利用料金も格安に設定できています。

「借りた方が高いんじゃないの?」と思いますよね。しかし実は、自社で設備を持つ方が、所持や維持に多くコストがかかってしまうのです

②店舗を持たずに人件費を抑えているから

よく、ショッピングモールや大きな道路沿いに、大手キャリアの店舗を見かけますよね。

MVNOはそのような店舗を持たず、店舗費や人件費を削減することで、格安のサービスを提供できています。

格安SIMのメリットとは?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4889404?title=%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80MERIT%E3%80%80%E5%88%A9%E7%82%B9&searchId=3270287543

ここまでご説明してきた格安SIMですが、実際利用した時にどのようなメリットがあるのでしょうか。メリットは以下の3つです。

格安SIMのメリット
  • 利用料金が安い
  • 料金プランが多様で豊富
  • 契約期間の縛りが緩い

格安SIMのメリット①:利用料金が安い

いちばんのメリットは、やはり利用料金が安いことです。安ければ安いほど助かりますよね。

2020年10月MMD研究所の調査を参照すると、大手キャリアを利用した場合の月額料金が平均8,312円なのに対し、格安SIMは平均4,424円、MVNOは平均3,771円であることがわかりました。(出典:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1898.html

大手キャリアに比べ半額以下で利用できるので、格安という言葉に間違いはないでしょう。

格安SIMのメリット②:料金プランが多様で豊富

スマホの使い方によって、様々なプランを選ぶことができるのも魅力です。

電話をよく使う人は、音声通話SIMが良いでしょう。データ通信にプラスして電話もでき、電話を使う頻度や長さによってプランは様々です。

電話はLINE電話などで済む!という方は、データSIMが合います。こちらはデータ通信のみの利用で、電話番号は持てませんが、その分料金は安くなります。

自分の使い方に合わせてプランを選べるので、無駄な料金を払う必要がなくなりますね。

格安SIMのメリット③:契約期間の縛りが緩い

大手キャリアは多くの場合、2年間の契約期間を設けており、期間外の契約解除には解約金が発生します。

対して格安SIMは、6ヶ月〜1年の最低契約期間を設けており、それ以降の解約に解約金はかかりません。

あなたにも、大手キャリアを利用して、「契約の自動更新忘れてた!」という経験はありませんか?格安SIMでは、その心配は不要なのです。

格安SIMのデメリットとは?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4889405?title=%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80DEMERIT&searchId=3270287543

格安SIMの3つのメリットを紹介しましたが、気になるのはデメリットですよね。格安SIMのデメリット3つを見ていきましょう。

格安SIMのデメリット
  • 携帯メールアドレスが使えない
  • 通信が不安定
  • 自分で解決しなければならない

格安SIMのデメリット①:携帯メールアドレスが使えない

大手キャリアで契約するとメールアドレスが貰えますが、使用できなくなってしまいます

ですが最近ではGmailなどのフリーメールも普及していて、複数のアカウントを所持できます。

メールの利用が必要な方は、フリーメールを利用すれば特に問題はありませんね。

格安SIMのデメリット②:通信が不安定

通信設備を借りているので、電波の利用が多い時間帯(朝の通勤、通学時やお昼休みの時間)は、電波が混雑し不安定になります

とはいえ最近では、どこにでもフリーWi-Fiが設置してあるので、こちらもそこまで心配はいりません。

格安SIMのデメリット③:自分で解決しなければならない

店舗をほぼ持っていないので、問題があった時は自分で解決、操作する必要があります。あなたが機器操作に不安を持つなら、大きなデメリットとなるでしょう。

しかしその分、電話やチャットで相談できるサービスも充実しているので、困った時はサービスを利用し相談しましょう。

格安SIMについてのよくあるQ&A

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3568750?title=Q&A%20%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E6%96%87%E5%AD%97&searchId=929345559

格安SIMについてのよくあるQ&Aを紹介します。格安SIMを契約、購入する際に参考にしてみてください。

格安SIMはどこで購入するの?

格安SIMは、主にインターネットから契約、購入ができ、入力情報に不備がなければ、翌日〜5日ほどで手元に届きます。

また一部ではありますが、家電量販店や大型ショッピングモールでも取り扱っている場合があります。

インターネットでの契約や購入が不安な場合は、格安SIMを取り扱っている店舗を探してみましょう。

格安SIMの契約する時に準備するものは?

準備するものは本人確認書類です。運転免許証やマイナンバーカードが利用できます。

また、電話番号を変えたくない場合は、「MNP予約番号」を準備しましょう。

「MNP予約番号」は、契約中の携帯電話会社から取得し、格安SIMを契約する時に入力します。

ただし、「MNP予約番号」には有効期限があるほか、取得する手数料や違約金が発生する場合があるので、注意が必要です。

格安SIMのプラン変更はできる?

プランの変更はもちろん、音声通話SIMからデータ通信SIMのように、SIMカード自体の変更もできます。しかし変更の際は手数料がかかります。

利用してみてプランが合わない場合は、プランの変更も検討してみてください。

格安SIMが合う人・合わない人

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4960215?title=%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89%E3%80%81%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%89%EF%BD%9C%E3%80%8CGOOD%E3%80%8D%E3%80%8CBAD%E3%80%8D%E3%81%A8%E6%9B%B8%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%A9%8D%E3%81%BF%E6%9C%A8%E3%81%A8%E4%BA%BA%E5%9E%8B%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%96%E3%82%B8%E3%82%A7&searchId=888994247

Wi-Fiがある環境で動画視聴やゲームをする、電話はLINEなどで充分、機器操作に不安はないという方は格安SIMが合うでしょう。

反対にWi-Fi環境がない、LINEなど以外でよく電話をする、機器操作が不安という方は大手キャリアを利用すべきですね。

ちなみに私も格安SIMを2年ほど利用しています。機器操作が非常に不安でしたが、これまで特に問題なく利用できていますよ!

「格安SIMとは何のこと?」まとめ

格安SIMとは何なのか、さらに安さの理由やメリットデメリットについて紹介しました。

格安SIMは、格安で利用できる携帯電話サービスのことでした。設備費用や人件費を抑えることで、格安のサービスを提供できています。

そしてメリットとデメリットがわかった今、ぜひあなたのスマホの使い方と照らし合わせてください。

自分の使い方に合うかも!今のままでは無駄に料金を払い続ける!と感じたら、ぜひ格安SIMの利用を検討してみてくださいね。

ABOUT ME
チムチム
北海道出身、ジャンルを問わず知りたがりです。自身のブログではアプリゲームの紹介や攻略方法について執筆しています。