Wi-Fi

【初心者向け】ファイアウォールの必要性とおすすめ製品2選

インターネットを利用していたらファイアウォールという言葉を一度は聞いたことがありませんか。

実はファイアウォールは、インターネットを利用する皆さんのセキュリティを守る上で必要不可欠な物なんです。

今回は、ファイアウォールとは何なのか、おすすめのファイアウォール製品を紹介します。ぜひ、最後までご覧ください。

https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3-%e4%bf%9d%e8%ad%b7-3400657/

ファイアウォールとは?

出典:
https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf-3924343/

ファイアウォールとは「防火壁」を意味し、ネットワークの通信において、その通信をさせるかどうかを判断し許可または拒否する仕組みです。

ファイアウォールがあることで、外部からの不正アクセスを遮断し、安心してインターネットを利用することが出来ます。

私たちがインターネットを使用していない時でも、不正なアクセスは行われようとしています。

常にセキュリティを監視し、外部からの不正なアクセスを遮断するファイアウォールはインターネットを使う上で必要不可欠です。

ファイアウォールの仕組み

出典:
https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%8f%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e3%83%8f%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc-1685092/

PCにはポートと呼ばれる通信の出入口があり、情報を盗もうとする人はそこから不正なアクセスを試みようとします。

不正なアクセスを防止する為にファイアウォールがポートの出入口を監視することで、内部と外部の通信を制御しています。

たまにPCでアプリ等をインストールする時、ファイアウォールが不正なアクセスと思い込み、インストール出来ないことがあります。

その場合はファイアウォールの設定を変更するか、一時的にファイアウォールをOFFにするとインストールすることが出来ます。

ファイアウォールの注意点

出典:
https://pixabay.com/ja/vectors/%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%81-%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9-%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%ab-154669/

ここで一つ理解して欲しことが、ファイアウォール1つで完全に不正アクセスを遮断できるわけでは無いということです。

PC内には様々なソフトウェアがあり、そのソフトウェア自体のセキュリティが脆弱だと、ウイルスや不正アクセスを簡単に侵入させてしまいます。

対策としては、こまめにソフトウェアのアップデートを実施したり、使用していないソフトウェアは削除し、侵入経路を少なくすることも大切です。

ファイアウォールの種類

ファイアウォールの種類によって仕組みや特徴が変わります。ファイアウォールは大きく分けて3種類あるので紹介します。

ファイアウォールの種類
  • パケットフィルタリング型
  • アプリケーションゲートウェイ型
  • サーキットレベルゲートウェイ型

パケットフィルタリング型

パケットフィルタリング型は、ファイアウォールの主流で、全ネットワークを流れているデータ「パケット」の情報を元に通信を許可するか、拒否するかを判断しています。

パケット内には送信元のIPアドレスとポート、そして送信先のIPアドレスとポートの情報が含まれています。

ファイアウォールを通る通信を1つずつ確認し、事前に指定したIPアドレスに一致しないパケットを破棄します。

アプリケーションゲートウェイ型

比較的新しいファイアウォールがアプリケーションゲートウェイ型です。

アプリケーションごとの制御が可能なタイプであり、プロキシサーバーと呼ばれるサーバーがこれにあたります。

プロキシとは「代理」という意味で、内部ネットワークから外部へのアクセスの際、プロキシプログラムが中継となりアクセスするというシステムです。

パケットフィルタリング型よりも詳細にアクセスを制御でき、より強力に不正アクセスをブロックできますが、従来の方法よりも通信速度が落ちるデメリットがあります。

サーキットレベルゲートウェイ型

パケットフィルタリング型を進化させたファイアウォールが、サーキットレベルゲートウェイ型です。

フィルタリングだけでなく、通信を許可するポート指定や制御を行います。さらに、特定のシステムやソフトのみの通信を制御することが可能です。

もしファイアウォールがなかったら

出典:
https://pixabay.com/ja/illustrations/%e5%ae%89%e5%85%a8-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88-4498306/

一つ例えを出すと、家の鍵をしていない状態がファイアウォールが無い状態と思っておいてください。

内部ネットワークに簡単に侵入され、機密情報を取られたり、ウイルスを仕掛けられたりして、遠隔操作される等の被害が予想されます。

先ほど、ファイアウォールで全ての不正アクセスを遮断出来無いと書きましたが、逆に言うと、ファイアウォールが無いとほとんどの不正アクセスを許してしまいます。

インターネットを利用するのであれば、必ずファイアウォールを設置しておきましょう。

最初からスマホやPCにファイアウォールは搭載されているの?

出典:
https://pixabay.com/ja/photos/%e5%9b%9e%e8%b7%af%e5%9f%ba%e6%9d%bf-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%80%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af-2440249/

スマホに関しては、iOSもAndroid共にファイアウォールは標準で搭載していません。

ですが、iOS、Android自体のセキュリティレベルが高い為、必ずしもファイアウォールを搭載する必要はありません。日頃のOSアップデートを必ず行うことが不正アクセスを防ぐ一番の対策です。

PCにはWindowsやMacといったOSにファイアウォールが標準機能として搭載されています。ファイアウォールのON/OFFは出来ますが、例外を除きONにしておきましょう。

例外とは有料のファイアウォールを購入した時です。2つファイアウォールがあると、お互いを不正な物と判断する為、有料のファイアウォールを購入した際は、既存のファイアウォールをOFFしておきましょう。

ファイアウォールの価格はどれくらい?

出典:
https://pixabay.com/ja/illustrations/%e9%80%9a%e4%bf%a1%e7%b6%b2-%e5%ae%89%e5%85%a8-%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%bc-3482974/

ファイアウォール製品は数が多く、個人、小規模ユーザー向けの製品から大規模ユーザーにも耐えられる製品までさまざまです。

価格としては月額1,000円の物から、月額10万円を超える物まで種類はたくさんあり、さらに初期構築費用として、10万~100万円程かかる場合もあります。

多機能で拡張性があるファイアウォールは利用料金が高くなる傾向になるため、事前に必要な機能と予算を考慮する必要があります。

おすすめのファイアウォール製品2選

出典:
https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf-%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-4266403/

ファイアウォール製品を選ぶ上で大切なのが、UTMが必要かどうかです。

UTMとは統合的な脅威管理を指し、ファイアウォール、IDS/IPS、webフィルタリング、アンチウイルスなどセキュリティ対策のさまざま機能を一元的に行えるツールです。

注意点としてUTMにすると各機能ごとの拡張が出来ません。例えばファイアウォールの機能を変えたい場合に、拡張性が無い為、UTMごと変える必要があることを知っておきましょう。

以上を踏まえた上で、おすすめのファイアウォールを2つ紹介します。

ビジネスセキュリティ(VSR)

1つ目に紹介するのは、株式会社 USEN ICT Solutionsのビジネスセキュリティ(VSR)です。

外部の脅威に対抗するセキュリティ機能を「VSR」と呼ばれる1台のUTMアプライアンスに搭載しています。

ポイント
  • 【多機能】多彩なセキュリティ機能の中から自由に選択可能
  • 【簡単】1台の専用機器をレンタルにて提供
  • 【安心】ワンストップのサポート体制を実現

一番の特徴として、各オプションの中から、必要な機能だけをカスタマイズできる点です。

価格はオプションによって変わり、個人見積で決まりますが、必要な機能のみを選択して利用できるので、コストを最小限に抑えられるメリットがあります。

Untangle

2つ目に紹介するのは、ウェアポータル株式会社のUntangleです。

Untangleはファイアウォールをベースに、ネットワークを保護するための幅広い機能をオール・イン・ワンで搭載したUTM製品です。

ポイント
  • リアルタイムで収集ログを分析可能
  • 導入した機器をリモートから一元管理可能
  • サイバー脅威分析により、未知の脅威からシステムを保護

一番の特徴は、Untangleへ搭載されているCommand Centerを使用することにより、リアルタイムでホストの確認やクライアント端末のセキュリティスキャンの初期化が一箇所で行えるところです。

価格は別途お問い合わせで、ネットワークの状態、ユーザーの管理を手軽に確認するのにおすすめです。

ファイアウォール まとめ

ここまで、ファイアウォールとは何なのか、ファイアウォールの種類やおすすめの製品を紹介してきました。これまでの事をまとめましたのでご覧ください。

ファイアウォール まとめ
  • ファイアウォールとは「防火壁」を意味し、ネットワークの通信において、その通信をさせるかどうかを判断し許可または拒否する仕組み
  • ファイアウォールの種類はパケットフィルタリング型アプリケーションゲートウェイ型サーキットレベルゲートウェイ型の3種類
  • ファイアウォールが無いと、内部ネットワークに簡単に侵入され、機密情報を取られたり、ウイルスを仕掛けられたりして、遠隔操作される

インターネットのセキュリティの要と言ってもいいファイアウォールを適当に選ばず、必要な機能、規模間を把握した上で製品を選んでいきましょう。

ABOUT ME
トリー
仕事辞めて、ゲーム三昧の日々を掴み取る ブログ×ライターで生活するのが目標です。 趣味はゲーム、漫画、アニメ、動画視聴、 コロナ禍なんて関係無かった。 ブログでは、ゲーミングPCやPC周辺機器についての記事を書いています。 Twitter、YouTubeで主にAPEXのツイート、投稿しているのでぜひ見てね!