研修

おすすめのWi-Fiルーターを解説!選び方の4つのコツとは?

Wi-Fiルーターは種類が多くてどれを購入すればよいのか分からないですよね。

この記事では選び方の基準をまとめ、おすすめのWi-Fiルーターがその基準からみてどこがポイントなのか表を用いてわかりやすく解説しています。

どのWi-Fiルーターを購入するか悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい!

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97-%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88-%e6%90%ba%e5%b8%af%e9%9b%bb%e8%a9%b1-1839876/)

4つの基準からの判断がおすすめ!Wi-Fiルーターの選び方

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e9%9b%bb%e8%a9%b1-%e7%a4%be%e4%ba%a4-%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab-www-3840285/

Wi-Fiルーターは下記の4つのポイントから自分に合ったものを見つけましょう。

4つの判断基準
  • 自宅環境に合っているか
  • 必要な通信規格(通信速度)
  • 同時接続が可能な台数
  • 価格の安さ

自分自身が求める判断基準がないと、デメリットに気づかず購入してしまい、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまいます。

一つずつ詳しく解説していきますので、自分に照らし合わせて考えてみて下さい。

自分が求める判断基準をチェックリストなどに作成することがおすすめです。

①自宅の環境はマンション?一軒家?繋がりにくさに影響が

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%e7%94%9f%e6%b4%bb%e3%81%ae%e8%bf%91%e4%bb%a3%e7%9a%84%e3%81%aa%e3%81%8a%e9%83%a8%e5%b1%8b%e3%81%ae%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93-4813591/

まず、一つ目のポイントが自宅の環境に合っているかどうかであり、繋がりやすさに関係してきます。

ワンルームなどの一人暮らし程度の広さであれば、どのWi-Fiルーターでも問題ないでしょう。

しかし一軒家の場合だと、横の広さだけでなく、2階、3階といった縦の広さも考慮して購入しなければいけません。

必要な範囲が限定的なら、通信速度等、他のポイントを重視して購入できますので必ずチェックしましょう。

②必要な通信速度はどれくらい?通信規格から考えよう

Wi-Fiルーターには下記の表のように通信規格によって通信速度が異なるため、押さえおくべきポイントの一つです。

規格名 最大通信速度
11ax(Wi-Fi6) 9.6Gbps
11ac(Wi-Fi5) 6.9Gbps
11n(Wi-Fi4) 600Mbs

現在では第6世代の「11ax」が普及しており、世代の変更とともに通信速度や性能が向上しているのです。

動画やゲーム、仕事用など人によってWi-Fiを使う目的は違うため、必要な通信速度も異なります。

自分の目的に必要な通信速度とそれに適した通信規格はどれなのか確認しておきましょう。

③ネット接続する台数はいくつあるか事前に確認しよう!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%89%8b-%e8%a8%88%e7%ae%97%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f-%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88-820272/

忘れてはいけないのが同時接続可能な台数であり、Wi-Fiルーターによって上限が異なります。

今の時代、ゲームやパソコン、タブレット等、一人であっても複数の機器でインターネットを利用します。

それに家族であれば使用する機器は更に増加するため、尚更注意しなければなりません。

使用台数が増えるほど、通信は不安定になりやすいため、最大でインターネットにつなぐ台数はどのくらいあるのか事前に必ず把握しましょう。

④Wi-Fiルーターの価格は総合的に判断するのがおすすめ

価格が購入する際の判断基準として一番重要という人も多いのではないでしょうか?

ただ、安さを第一にWi-Fiルーターを選ぼうとしてしまうと、実際は繋がりにくかったり、失敗する確率も増えてしまいます。

そのため、上記3つの判断基準と照らし合わせながら総合的に判断しましょう。

譲れない部分を満たしているWi-Fiルーターをいくつかだし、その中で価格を比較する方が、後悔することもなくなります。

基準をもとにおすすめのWi-Fiルーターを3つ紹介!

次に筆者がおすすめするWi-Fiルーターを3つご紹介いたします。

今回は下記のような4つの判断基準の表をそれぞれのルーターでまとめ、解説しています。

価格は変動するため1万円以下を「安い」に1万円~3万円を「やや高い」に3万円以上を「高い」と表示しています。

自分自身に求めるラインに当てはまるピッタリのWi-Fiルーターがあれば幸いです。

環境 一人暮らし向け・マンション向け・戸建て向け
通信規格 11ax(Wi-Fi6)・11ac(Wi-Fi5)・11n(Wi-Fi4)
接続台数 〇台
価格 安い・やや高い・高い

お手頃価格!一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーター

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e9%9b%bb%e8%a9%b1-%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%bc-%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab-869669/

お手軽な価格で安定した通信を行いたい方におすすめなのがこちらのWi-Fiルーターになります。

こちらはビームフォーミング機能を搭載しているので、自宅の中を移動していても安定した通信が可能なのです。

また通信規格も「11ac」ですので大容量を転送することができ、一人暮らしでネットをよく利用される方にも最適。

コストフォーマンス面、通信面でもおすすめしたいの商品の一つです。

環境 一人暮らし向け
通信規格 11ac(Wi-Fi5)
接続可能台数 12台
価格 安い

Wi-Fiルーターは最新規格!そんな人はコチラがおすすめ

created by Rinker
バッファロー
¥14,280
(2021/12/02 10:13:21時点 Amazon調べ-詳細)

最新の通信規格であるWi-Fi6モデルでおすすめなのはこちらのルーターです。

Wi-Fi6に対応して通信環境の高速化だけでなく、そのモデルを比較的リーズナブルな価格で購入できるのが魅力の一つです。

更にOFDMA機能を備えているため、複数の機器を接続しても安定してネットを楽しむことが出来ます。

そのため、戸建てなどの環境でもおすすめできるWi-Fiルーターです。

環境 戸建て向け
通信規格 11ax(Wi-Fi6)
接続台数 30台
価格 やや高い

接続台数重視ならおすすめしたいWi-Fiルーター

PA-WX6000HP Wi-Fi 6対応ホームルーター Aterm WX6000HP
ノーブランド品

接続台数重視の方におすすめしたいのはこのWi-Fiルーターになります。

先ほど述べた「OFDMA機能」だけでなく、複数のアンテナで複数の端末と通信を行う「MUーMIMO」を搭載しているため、安定した複数同時接続が可能なのです。

また、コンパクトで設置場所に困らない壁掛け対応も特徴の一つです。

様々な機器に接続してネットを利用される方にはまずこちらを検討してみましょう。

環境 戸建て・マンション向け
通信規格 11ax(Wi-Fi6)
接続台数 36台
価格 高い

Wi-Fiルーターで快適なネット生活を!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e5%ad%90%e4%be%9b%e9%81%94-%e5%8b%9d%e3%81%a4-%e6%88%90%e5%8a%9f-593313/

このように、自宅の環境やネットを利用する目的によって最適なWi-Fiルーターは異なってきます。

最新規格や豊富な機能があったとしても、あなたに適したルーターであるとは限らないのです。

購入する際には、価格ですぐに決めてしまうのではなく、自分の求める通信速度や機能を見直す必要があります。

正しい判断基準を元に、自分に合ったWi-Fiルーターを購入して快適なネット環境を手に入れましょう。