研修

Wi-Fiルーターの選び方4つのポイントとおすすめ機器5選

この記事でご紹介していくことは「あなたに合ったおすすめのWi-Fiルーターの選び方」です。

現代の暮らしには欠かすことのできないWi-Fiの接続環境。ご家庭においてもWi-Fiの設置は欠かすことができません。

しかし、Wi-Fiルーターは機能から価格から種類がたくさんありすぎるがゆえに、どうやって選えば良いのかがわからず迷ってしまいますよね。

Wi-Fiルーターを「どういった基準で選んだらいいのか」「おすすめのWi-Fiルーターは」などの情報についてまとめてみました。Wi-Fiルーターの購入を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4326151?title=WiFi%E3%80%80%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC&searchId=2601783991)

Wi-Fiルーターの選び方 重要な4つのポイント

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22397652?)

種類によって本当に様々な違いのあるWi-Fiルーターですが、まずは基本として選ぶ際の基準となる4つのポイントをご紹介していきます。

Wi-Fiルーターの選び方 Check Point
  • 使用環境
  • 通信速度
  • 接続可能台数
  • 価格

①使用環境

まずひとつ目の選び方の基準となるのは「どんな環境で使うのか」ということです。

一戸建てに住む家族とワンルームの一人暮らしとでは当然求められる機能や性能が違ってくることになります。

例えば、一戸建ての場合では壁や天井を挟んで広い範囲に電波を届かせる必要が出てきますが、ワンルームで使用する場合には電波を広く届ける必要性は全くなくなります。

この例のように自分がどの環境でWi-Fiルーターを使うのかは自分に合ったものを選ぶ上で特に大事な基準となります。

②通信速度

通信速度もWi-Fiルーターを選ぶにあたって考慮しておきたい要素のひとつでしょう。

通信速度はbpsという表記が使われ、9.6Gbps、6.9Gbpsなどと表示されています。このbpsの数字が大きいほど通信速度は速くなるということになります。

③接続可能な台数

Wi-Fiルーターには接続可能な台数の上限が設定されています。

一人暮らしでWi-Fiを接続するのはスマホとPCだけという人もいる一方で、家族暮らしで人数分のスマホに加えてタブレットにテレビ、ゲーム機やプリンターなどをWi-Fiに接続して使うという場合もあります。

Wi-Fiを接続する台数が多いのであれば、同時接続可能な台数を確認することは欠かせません。

また接続台数が接続可能台数よりも少ないときは通信がスムーズになり、よりストレスなくWi-Fiを利用できるようになります。

④価格

価格も当然選ぶうえでの大きな基準となることでしょう。当たり前のことではありますが、機能、性能が高いほど価格も高くなります。

しかし、自分が使うときに必要としない高性能のものであったり、安さを重視するあまり快適に使用できなかったりしては意味がありません。

自分の使用環境にどれくらいの通信速度や接続台数が必要になるのかをしっかり確認して、その上で無駄な出費を抑えられるようにしましょう。

知っておきたいWi-Fiルーターの機能

選ぶ際にここだけは必ずおさえておきたいという4つの基準をご説明しましたが、Wi-Fiルーターには他にもたくさんあると嬉しい便利な機能があります。

ここで、より快適に利用したいというときに知っておきたいWi-Fiルーターの機能をご紹介します。

知っておきたいWi-Fiルーターの機能
  • ビームフォーミング機能
  • メッシュWi-Fi

ビームフォーミング機能

ビームフォーミング機能」とは、特定の方向や端末へ向けて電波を飛ばすことができる機能です。

通常Wi-Fiの電波はアンテナから360°全ての方向へ向けて飛びますが、ビームフォーミング機能を持ったルーターはWi-Fiの電波に指向性を持たせて特定の方向に集中して電波を飛ばすことが可能になります。

この「ビームフォーミング機能」を使うことで、Wi-Fiルーターから離れた場所でも電波が届きやすくなり、通信速度を安定させることができます。

メッシュWi-Fi

「メッシュWi-Fi」とは「メッシュ」すなわち網の目を意味していて、複数の中継点を設置することでWi-Fiの電波を網の目のように繋げて、広い範囲に電波を届けられるようにすることができます。d

広い家や2階建ての家の場合には壁や天井によって電波が阻まれて届きにくくなる状況が出てきます。そんな場合には遠くの部屋であっても電波が届き、安定した通信が可能になるメッシュWi-Fiが有効になります。

ここも知っておきたい 2.4GHzと5GHzの違いとは?

Wi-Fiに使われる電波には2.4GHz(ギガヘルツ)と5GHzの2つの周波数帯があります。

通信規格によって両方の周波数帯が使えるルーターと片方にしか対応しないものとがあるので、購入するときには必ず確認をするようにしましょう。

ここでは、この2つの違いとそれぞれの良さについてお話しておきます。

2.4GHzの特徴

2.4GHzの特徴は周波数が低いので、障害物に強いということです。障害物に強いので、壁や床などで隔てられていても遠くまで電波を届かせることができるというところがメリットになります。

しかし、2.4GHz帯はWi-Fiルーターだけでなく他の様々な機器にも使われているため電波であるため、競合が多く電波が混雑してしまい不安定になりやすいという特徴があります。

5GHzの特徴

5GHzの特徴は周波数が高く障害物による電波の減衰は大きくなりますが、近距離に強いことです。

5GHz帯の電波はほとんどがWi-Fiルーターだけなので電波が混雑することが少なく安定して使うことができるところがメリットです。

バンドステアリング機能

バンドステアリング機能とは、接続する周波数帯を自動的に切り替えてくれる機能になります。

上でご説明した2つの周波数帯から混雑が少なく、より快適に使える方を自動で選んで切り替えてくれるため便利な機能となっています。

このバンドステアリング機能もWi-Fiルーターによっては対応しているものとしていないものがありますので、必要性を考えたうえで選ぶときの要素のひとつとなるでしょう。

低価格のおすすめWi-Fiルーター 一人暮らしに最適

ここからは具体的におすすめのWi-Fiルーターについてご紹介していきます。まずは比較的価格が低いもので満足度が高いWi-Fiルーターをふたつご紹介します。

価格を重視する人におすすめなWi-Fiルーターのひとつ目はNEC「Aterm」PA-WG1200CRです。

高性能ながらも価格が抑えめとなっているWi-Fiルーターです。接続可能台数は多くありませんので、一人暮らしなど少人数で使う場合には価格、性能ともに十分満足できるものになっています。

また、セキュリティに配慮された安心設計や環境にも家計にも優しい省エネ設計など細かい点まで配慮されていて、スマホで簡単に設定できるところとあわせて使いやすいと評価されています。

周波数/通信速度 5GHz/867Mbps 2,4GHz/300Mbps
接続可能台数 10台
料金目安 ¥3,820(ビッグカメラ)
NEC PA-WG1200CR 無線LANルーター IEEE802.11ac/n/a/g/b

低価格のおすすめWi-Fiルーター 少人数の家族にも

できるだけ価格を抑えたいという人におすすめのWi-Fiルーターのふたつ目はBUFFALO WSR-1166DHPL2/Nです。

こちらのWi-Fiルーターもコンパクトで価格が低く一人暮らしや少人数使いに最適です。

ビームフォーミング機能に加えて、複数端末の同時通信を可能にする「MU-MIMO」という機能にも対応していて、複数端末を同時につないでも速度が落ちにくくなっています。

周波数/通信速度 5GHz/866Mbps 2,4GHz/300Mbps
接続可能台数 12台
料金目安 ¥3,480(Amazon)

通信速度が速いおすすめWi-Fiルーター 4人以上の家族なら

家族で暮らす家庭用におすすめのWi-FiルーターはELECOM WRC-2533GST2です。

こちらのWi-Fiルーターの最大通信速度は1733Mbpsと高速となっていて、通信速度を重視したい人や4人以上のご家族の自宅におすすめの機器です。

ビームフォーミング機能とMU-MIMOも搭載されているので複数台の端末を接続して同時使用しても高速かつ安定した通信を使うことができます。

周波数/通信速度 5GHz/1733Mbps 2,4GHz/800Mbps
接続可能台数 推奨24台
料金目安 ¥8,778(ELECOM公式サイト)
エレコム製 無線LANルータ WRC-2533GST2SP

通信速度が速いおすすめWi-Fiルーター 安定で超高速

何よりも通信速度を重視したいという人におすすめのWi-FiルーターはTP-Link AX3000 「Archer AX50」になります。

この機器は5GHz帯では最大通信速度が2402Mbpsとかなり高速となっています。

4本の外部アンテナとビームフォーミング機能によって強力で安定した電波を遠くまで届けることが可能になっています。

またWiFi6対応により遠くまで高速通信を届けられるだけでなく、ゲームやビデオ通話、動画視聴を同時によりスムーズに利用することができるようになっています。

周波数/通信速度 5GHz/2402Mbps 2,4GHz/574Mbps
接続可能台数 48台
料金目安 ¥9,800(Amazon)

通信速度が速いおすすめのWi-Fiルーター ゲーマー向け

ゲーマー向けのゲーミングルーターというものもあります。ゲーミングルーターは高速通信を可能にするために高性能CPUとメモリが搭載されています。

通常のWi-Fiルーターより高性能、ハイスペックであり快適にゲームを楽しむことができます。ここでご紹介するゲーマー向けのおすすめのWi-FiルーターはASUS「TUF-AX3000」です。

ゲーミングLANポートが搭載されていて、他のデバイスよりゲーム通信を優先して処理することもできるようになっていて、安定した高速通信でオンラインゲームを楽しむことができるでしょう。

またメッシュWi-Fiに対応していて、複数のWi-Fiルーターを繋ぎ合わせて家の隅々までWi-Fiネットワークを構築することができます。

周波数/通信速度 5GHz/2402Mbps 2,4GHz/574Mbps
接続可能台数 64台
料金目安 ¥18,480(ノジマ)
created by Rinker
ASUSTek
¥19,494
(2022/12/05 19:15:03時点 Amazon調べ-詳細)

Wi-Fiルーターの選び方 まとめ「最後に伝えたいこと」

ここまでWi-Fiルーターの選び方の基準になる要素と具体的なおすすめのWi-Fiルーターについてご紹介してきました。

最後まで目を通していただいたあなたに伝えたいことがあります。Wi-Fiルーターを選ぶ上で何よりも重要なのは「自分に合ったものを選ぶ」ということです。

良い機能、性能があってもそれが自分が使用する環境に必要のないものであったら意味がありません。逆に価格を抑えて必要な機能が不十分なものを選んでしまっても不便になり、満足することができないと思います。

この記事でご紹介してきたような選ぶときに考慮したい要素と自分のニーズをはっきりとさせたうえで、それらとそれぞれの商品を見比べて満足できるWi-Fi環境を整えてもらいたいものです。