研修

【仕事を辞めたい】退職までの具体的なフロー|口コミも紹介

「仕事に疲れて辞めたいと思うことが多くなった」「今の仕事に向いていないと感じて辞めたくなった」このような悩みを抱えてはいませんか?

ストレス社会と言われる昨今、仕事を辞めたいと思うのは珍しいことではありません。ただ、仕事を辞めたいと感じても、どのように行動に移せば良いのかわからないですよね。

この記事では、最初にすべきことから退職するまでにやること、「退職経験者」「転職経験者」の口コミ、おすすめ転職エージェントなどを紹介します。

退職・転職についての理解が深まり、あなたが新しいステップを踏み出せる参考となるので、ぜひ最後までご覧ください。

アイキャッチ画像出典:出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc-%e5%a3%81%e6%8e%9b%e3%81%91%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc-1990453/

仕事を辞めたい!最初にすべきこと3つ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22442930?title=%E6%9C%9D%E3%80%80To%20Do%20List%20%20%E3%82%92%E6%9B%B8%E3%81%8F%E3%80%80%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%80%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%80%80%E3%82%84%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88&searchId=2157613989

仕事を辞めたいと思っても、「何からすれば良いのかわからない」と行き詰まってしまいますよね。

ここからは、仕事を辞めたいときにまずやるべきこと3つを紹介します。あらかじめ準備しておくことで、迎える退職日の不安を払拭できますよ。

  • 退職予定日を決める
  • 貯金しておく
  • 情報収集する

退職予定日を決める

今後のスケジュールを立てるためにも、おおよその退職予定日は決めておきましょう。

退職予定日は、約1〜3か月後を目安にします。なぜなら、業務の引き継ぎや転職活動などを行う必要があるからです。

基本的には会社の規定に則って調整していきます。社会保険や有給消化、賞与などを考えながら、あなたに適した退職予定日を決めてください。

退職予定日は「月末」に設定する人が多い傾向にあります。後述しますが、これは社会保険で損をしないための豆知識ですよ。

貯金しておく

退職後、経済的な安心を得るためにも、計画性をもって貯金しておきましょう。

最低でも3か月、余裕をもって考えるならば、半年程の生活費を貯めておくのがおすすめです。

また退職する場合には、失業保険を受けられます。これは雇用保険に加入していたという条件付きで、直近1年加入していれば問題ありません。

しかし、退職理由によって支給のスタート時期は異なります。自己都合の退職では、早くても2か月半〜3か月後に支給されることを理解しておいてください。

失業保険を受けるには、離職証明書が必要です。退職する際には離職証明書を貰うよう、忘れないようにしましょう。

情報収集する

転職エージェントなどに登録し、事前に情報収集しておきましょう。

転職先が決まっていない場合、退職する前からコツコツ情報収集しておくのと、退職日が迫ってから情報を集め始めるのとでは、前者が有利に働きます。

理由としては、退職日が近づくと、手続きや引き継ぎなどで時間を確保しづらくなるためです。

退職に向けて何をすれば良い?4つの準備とは

出典元:https://www.photo-ac.com/main/detail/2794131?title=CHECK%E3%80%80%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%80%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E7%B4%A0%E6%9D%90%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89

最初にすべきこと3つを理解したところで、次は退職に向けて具体的にどのように動いていくのか、4つの準備を紹介します。

4つの準備をしておけば、退職する当日までをスムーズに過ごせますよ。

  • 転職活動を始める
  • 退職する旨を伝える
  • 業務の引き継ぎを行う
  • 退職の手続きをする

退職する前に転職活動を始める

転職活動は、退職予定日の2〜3か月前から開始するようにしましょう。

「仕事を辞めてから考えよう」と思っている方は要注意です。職がない期間はもちろん無収入となり、生活費を得ることができません。

金銭的な不安は心の不安に直結し、焦りを生みます。その結果、希望しない職種や条件の合わない職場に転職してしまい、後悔しかねません。

在職中で給与を得ながらであれば経済的に余裕があるため、時間を有効活用し、あなたに最も適した転職先を見つけられるはずですよ。

会社に退職する意思を伝えておく

退職する旨を伝えるのは、退職予定日の1か月前が望ましいです。遅くても2週間前には必ず伝えておきましょう。

上司に「仕事を辞めたいです」と伝えてから、明確な退職日の調整や交渉が行われます。この際に、具体的な引き継ぎ業務が決められる場合もあります。

また、退職届などの提出が義務付けられている会社もあるため、あなたの勤めている会社のルールを確認しておきましょう。

業務の引き継ぎ作業をしっかりと行う

確定した退職日の1か月前頃から、しっかりと引き継ぎ業務を行っていきましょう。目安としては、退職日の3日前に終わらせるペースが理想的ですよ。

引き継ぎ業務は口頭で説明するよりも、マニュアルを作成したほうが親切です。というのも、後継者が業務内容を忘れてしまっては元も子もありません。

また、後継者が決定していないケースも考えられるため、文書として残しておくのが賢明と言えます。

在職中、担当している仕事はできる限りあなたが終わらせておきましょう。しっかり引き継ぎ業務を行うことも含め、誠実な態度を示すことが円満退社をする秘訣です。

退職手続きの準備をしておく

いよいよ迎える退職日も、提出する書類など最終チェックしておきましょう。

一般的に、退職手続きに必要となる主な書類は以下の2つが挙げられます。

  • 社会保険資格喪失届
  • 雇用保険被保険者資格喪失届(離職証明書)

この他にも制服や社員証、備品など、返却する物はさまざまです。退職日に慌てることがないよう、事前にリストを作成しておくのがおすすめですよ。

1か月前には「退職届」を提出しよう

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4308260?title=%E9%80%80%E8%81%B7%E5%B1%8A&searchId=3701860159

前述しましたが、退職する意思を伝えるのは「退職日の1か月前」が好ましいです。

法的には2週間前でも問題ないとされていますが、ギリギリに伝えると以下のようなデメリットが考えられます。

  • 人員を補うための募集から採用までの時間が少なくなる
  • 業務引き継ぎや社内外の人への挨拶回りに余裕がなくなる
  • 有給が余っている場合、効率的に消化しきれなくなる

いずれにせよ、「仕事を辞めたい」と伝えるのは早いに越したことはありません。余裕をもって伝えることで、円満退社が叶えられますよ。

円満退職するための理由2つ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/514108?title=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%90%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%91&searchId=2902084959

会社を辞めるなら、角が立たないようできるだけ円満退社したいと思いますよね。

本当の理由を伝えることで引き止められたり、気まずい思いをしたりするのは避けたいものです。

事実、退職経験者の半数が「建前の理由」を使って退職していると言われています。ここからは、円満退職できる理由を2つ紹介します。

  • 前向きな理由
  • 一身上の都合

引き止められない!前向きな理由

前向きな理由とは、主にキャリアアップ・キャリアチェンジが目的の場合です。

  • 今の仕事とは違う新しい業種にチャレンジしてみたい
  • 今まで培ったスキルやノウハウを生かして独立したい
  • 資格取得のために専門学校などに通いたい

以上のような理由が挙げられます。明確な目標があることで引き止められず、円満退社が望めますよ。

やむを得ない一身上の都合

一身上の都合とは、主に家庭の事情や生活環境の変化、健康面のことです。

  • 両親の介護が必要となった
  • 結婚や出産に伴い生活環境を変えることになった
  • 病気が発覚して静養しなければならなくなった

以上のような理由が挙げられます。深く聞き出しづらい理由なので、反対や説得されることなく納得してくれますよ。

退職理由を伝えるときに注意すること

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4810925?title=%E3%83%80%E3%83%A1%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%80%E3%82%A8%E3%83%8C%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%80%80NG%E3%80%80%E6%82%AA%E3%81%84%E3%80%80%E9%BB%92%E6%9D%BF%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E7%B4%A0%E6%9D%90%E3%80%80%E6%8C%87%E5%B7%AE%E3%81%97&searchId=725156136

円満退社するためにも、会社に対する不平不満を言わないよう気をつけましょう。

以下のような理由は退職日までの間、あなたが職場に居づらくなる原因になりかねません。

  • 人間関係が面倒くさくなった
  • 残業が多すぎる
  • 給与が低すぎる
  • 〇〇(特定の人物)が気に入らない

「もう辞めるから関係ない」と思いがちですが、社会人としての自覚を持ち、最後まで誠意ある態度を見せましょう。

前述した「建前の理由」を参考に、スムーズな退職を実現させてくださいね。

裏技!仕事を辞めたいと伝えるベストタイミング3つ

ここでは、「仕事を辞めたい」と伝える最適な時期について3つ紹介します。

適切なタイミングで退職することで、お得に、なおかつ円満に退職できますよ。

  • 年末や年度末
  • ボーナスが支給された時期
  • 閑散期

年末・年度末のタイミング

年末や年度末は区切りが良く、スムーズに退職できる可能性が高いです。

この時期は新入社員の入社や、社員の異動が必然的に多くなるので、引き継ぎ業務や挨拶回りなどを円滑に進められます。

また同時期には、多数の企業が求人を出し始めるため、あなたの転職活動も捗ることでしょう。

ボーナスが支給されたタイミング

ボーナスをもらい損ねて退職してしまうと、もったいないと思いませんか?

ボーナスが12月に支給されると仮定しましょう。12月中に喪失日を作れば、ボーナスから社会保険料が引かれることはありません。つまり、もらえるボーナスが増えるのです。

喪失日とは、退職日の翌日です。社会保険には、「喪失日が含まれる月の社会保険料は支払わなくて良い」というルールがあるので、知恵として把握しておきましょう。

会社が忙しくないタイミング

閑散としている時期も、退職するタイミングとして好ましいです。

閑散期なら、業務に慌ただしくない状況で、落ち着いて引き継ぎ業務や挨拶回りを行えます。

繁忙期に退職しようとすると、会社からの心象が悪くなってしまうことも考えられるため、おすすめしません。

家族に「仕事を辞めたい」と言えないとき

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88-%e6%9b%b8%e3%81%8d%e8%be%bc%e3%81%bf-%e5%ae%bf%e9%a1%8c-3378826/

「仕事を辞めたい」と、家族にはなかなか言いづらく、相談できないこともありますよね。

しかし、家族に相談するのはとても大切なことなんです。仮に退職してから伝えた場合、離婚問題にも発展しかねません。

失業保険を受け続けられるわけではなく、また転職した場合でも給与が上がる保証はありません。

家計に影響する問題なので、「仕事を辞めたい」と思ったらすぐに、勇気を出して相談してくださいね。

仕事を辞めたいと感じた経験者の口コミ

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22490728?title=VOICE%20%E3%80%80%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%80%80%E5%A3%B0%E3%80%80%E6%96%87%E5%AD%97%E7%B4%A0%E6%9D%90&searchId=3772700239#

仕事を辞めたいと思い悩んでいる人は、あなただけではありません。

ここでは、仕事を辞めたいと悩み、実際に行動した「退職経験者」「転職経験者」の口コミを紹介します。ぜひ参考にしてください。

仕事を辞めたいと感じたら、まずは情報収集することが大切という意見が多いですね。

今ではインターネットやYouTubeで簡単に情報を集められるので、あなたも試してみてはいかがでしょうか。

仕事を辞めたいなら登録すべし!転職エージェント

出典:
https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88-%e6%96%87%e5%ad%97-%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab-2355701/

退職までの間に情報収集できる方法として、転職エージェントがあります。転職エージェントを利用することで、以下のようなメリットを得られますよ。

  • 無料で利用できる
  • 非公開求人がある
  • 履歴書や職務経歴書を添削してもらえる
  • 面接対策をしてくれる
  • 円満退職と転職後それぞれのサポートを受けられる

簡単に登録でき、ユーザー満足度も高い転職エージェントを試してみましょう。ここからは、総合型転職エージェントのおすすめ3つを紹介します。

マイナビAGENT(マイナビエージェント)

マイナビAGENTは、20〜30代前半の若手に向けたサポートを得意としています。

以下に当てはまる方は、ぜひマイナビAGENTを利用してみましょう。

  • 初めての転職活動に不安がある
  • 専門的な知識やスキルが豊富なアドバイザーにサポートして欲しい
  • 希望する条件にピッタリな企業へ転職したい

言いづらい給与交渉や応募書類の添削、面接対策など、圧倒的サポート力を誇る「マイナビAGENT」を利用したい方は、下記のリンクを押してくださいね。

マイナビAGENT

RECRUIT AGENT(リクルートエージェント)

RECRUIT AGENTは保有求人数が多く、転職成約実績が国内No.1の転職エージェントです。

以下に当てはまる方は、ぜひRECRUIT AGENTを利用してみましょう。

  • 豊富な実績と高い求人数を誇る転職エージェントを利用したい
  • 高品質なサポートを受けたい
  • スピード感のある転職活動をしたい

面接力向上セミナーなど、充実した転職支援サービスを提供する「RECRUIT AGENT」を利用したい方は、下記のリンクを押してくださいね。

RECRUIT AGENT

doda(デューダ)

dodaのアドバイザーは積極的に求人を紹介してくれるため、とても早く就職活動を進められます。

以下に当てはまる方は、多くの求人を保有しているdodaをぜひ利用してみましょう。

  • できるだけ早く転職したい
  • どんどん求人を紹介して欲しい
  • 初めての転職活動でとにかく不安

求人・サービスの質やエージェントの対応力に定評のある「doda」を利用したい方は、下記のリンクを押してくださいね。

doda

仕事を辞めたいと思ったらまず転職先を決めよう!

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4700071?title=%E4%BB%95%E4%BA%8B%E6%8E%A2%E3%81%97%EF%BC%91&searchId=310297989#

この記事では、仕事を辞めたいと思ったときから、実際に退職するまでのプロセスなどを紹介しました。

仕事を辞めたいと感じたら、まずは転職先を決めることが大切です。転職先が決まっていないまま辞めてしまうと、経済的に不安定となりかねません。

在職中に転職活動と貯金を同時進行するのは大変かもしれませんが、やるべきことをリスト化するのも効果的です。

後々のトラブルを回避するためにも、家族には必ず相談し、円満退社を目指しましょう。

ABOUT ME
椿
25歳♀Webライター モットーは「気遣い・心遣い・言葉遣い」 好きなもの:猫|韓国|映画・アニメ鑑賞|ゲーム|お酒 資格と実績:【実用英語技能検定2級】【韓国語能力試験TOPIKⅡ 4級|ハングル検定3級】【校閲記事400本以上】 今の目標は、ライターとして生計を立てることです!