研修

【仕事を辞めたい人必見】判断ポイントと辞め方を徹底解説!

今務めている会社を辞めたい!と考えているあなた。いざ退職に向けて行動しようとしても、「今の仕事を辞めて後悔しないかな…」「退職日までに何を準備したらいいか分からない」と頭を抱えていませんか?

勇気を出して見切りをつけることは、相当エネルギーを使いますよね。

この記事では、「仕事を辞めるために行う事前準備」「円満退社を実現するポイント」などを紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b3-%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88-1477601/

仕事を辞めるべき労働環境:①明らかに会社に問題がある

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4676868

仕事の進め方や、組織の体制に問題を感じる会社は離れるべきでしょう。

気合を入れて就職活動を行い、就職先が決まっても、会社の雰囲気や業務の実態は勤務を始めないと分かりません。

しかし、残念ながら中には長く勤めるのには向かない、従業員を大切にしない会社も少なからず存在します。

「長く勤めると、のちのち良くなさそう」という兆候が見られる場合は、見切りをつけて退職することをおすすめします。

仕事を辞めるべき労働環境:②心身に支障をきたしている

出典元https://www.pexels.com/ja-jp/photo/8386718/出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/8386718/

「頭痛や吐き気を催す」「集中力や記憶力が持続しない」「感情のコントロールができない」など、仕事に対して心身の病気や不調を起こしてしまう方は要注意です。

重症化してしまう前に、精神科や心療内科で診察を受けましょう。特に精神的不調は、自分で気づくことが難しい傾向にあります。

やはり生活をしていく中では身体が資本になってきます。ですから、早めの対策を取るようにしましょう。

仕事を辞めるべき労働環境:③将来のビジョンが想像できない

出典:https://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E6%89%8B%E5%BD%A2%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%99%E3%82%8B%E6%82%B2%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85%E3%81%AE%E7%94%B7%E5%80%9F%E9%87%91%E3%82%84%E7%A0%B4%E7%94%A3%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E4%B8%8D%E5%AE%89-gm1223044352-359100012?utm_source=pixabay&utm_medium=affiliate&utm_campaign=SRP_image_sponsored&referrer_url=http%3A%2F%2Fpixabay.com%2Fja%2Fimages%2Fsearch%2F%25E6%2582%25A9%25E3%2581%25BF%2F&utm_term=%E6%82%A9%E3%81%BF

仕事に取り組むにあたって、今後のキャリアプラン将来性を想像できない組織は離れた方がいいでしょう。

仕事を通して、「自分はこうなりたい!」という向上心が育まれにくく、意欲的に取り組む気持ちが削がれてしまうからです。

「何のために仕事をしているんだろう…?」「自分がここにいる意味・存在意義はあるのか?」と自分が置かれている状況を見つめなおして、現状を改善していく必要があります。

注意すべき仕事を辞めたい理由:①「給与が安いから」

出典:
https://pixabay.com/ja/photos/%e3%81%8a%e9%87%91-%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%b3-%e6%8a%95%e8%b3%87-%e4%bb%95%e4%ba%8b-2724241/

手取りの安さを理由に転職を検討している方は、一度、会社の規約を確認してみましょう。

会社によっては「資格手当」を支給しているところもあるからです。興味がある資格を取得してみてはいかがでしょうか。

また、漠然と「給与が安いから」という理由で転職活動を開始してしまうと、再就職先を決定しづらくなってしまいます。

どちらの理由にしても、一度会社の規約を見直して、自分の中にある給与に対する不満と向き合うことをおすすめします。

注意すべき仕事を辞めたい理由:②「働きたくないから」

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e5%be%93%e6%a5%ad%e5%93%a1-%e3%83%87%e3%82%b9%e3%82%af-%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9-6038877/

ただただ「働きたくない!」といった理由で転職を開始しないようにしましょう。自己分析が不足した状態で再就職してしまう可能性があるためです。

まずは、「働きたくない理由」を明確にしましょう。そして、自分を見つめ直す時間を確保します。自身の特性や強みをしっかり理解したうえで転職活動を開始することで、適切な就職先を探すことができますよ。

では、実際に会社を辞めたい時に実践すべき行動はどのようなものなのでしょうか。

仕事を辞めたい理由を可視化しよう

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4825841?title=%E6%9B%B8%E9%A1%9E%E3%81%AB%E8%A8%98%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E7%94%B7%E6%80%A7&searchId=1334861087

まず「どうして仕事をやめたいのか?」をしっかり深堀りすることが大切です。辞めたい理由を文字に起こしてみましょう。

複数ある場合は、嫌な順番に並べ替えて、自己解決が可能か不可能かに振り分けてください。

不可能が多い場合は「ストレスの増幅」や、「モチベーションの低下」に影響してきます。

1人で抱え込まず、親しい上司や同僚に相談したり、転職を視野に入れる方向で行動することをおすすめします。

仕事を辞めたい人がするべき準備

出典:https://www.pakutaso.com/20171218360post-14650.html

ここからは、仕事を辞めるために準備しておきたい内容について紹介していきます。

仕事を辞めるために準備しておきたいこと
  • 貯金をしておく
  • 転職先のリサーチをしておく
  • 引き継ぎの手順書を作成しておく

貯金をしておく

仕事を辞めてから転職先を探す場合、収入がストップすることとなります。収入が無い状態でも困らないように貯金をしておきましょう。

転職活動は2〜3ヶ月ほどの期間で行うことが多いようです。生活費がどのくらいかかるのかを計算し、3ヶ月間を見越して貯金することをおすすめします。

転職先のリサーチをしておく

仕事を辞める決心がついたら、転職サイトや求人広告を活用して、早めに転職先のリサーチを始めましょう。

最初から一社に絞ろうとせず、気になる会社は複数目星をつけておくと良いですよ。

業務形態の比較や、職種の傾向を把握するためにも、気になる会社を複数見つけてリスト化することをおすすめします。

引き継ぎの手順書を作成しておく

仕事を辞めるにあたって、自分が担当してきた業務を、他の社員に引き継ぐ場合があります。なので、事前に手順書の準備をしておきましょう。

退職日から逆算して、退職3日前には引き継ぎが完了できるように計画を立てることがポイントです。

迷惑を掛けないように、余裕を持って丁寧に取り組むことを心掛けましょう。

仕事を辞めたい人が円満退社のために注意する3つのポイント

https://pixabay.com/photos/hand-finger-three-sign-language-1006423/#content

お世話になった会社を円満退社するために気を付けるポイントを3つ紹介します。

円満退社のために注意するポイント
  • 退職理由は前向きな内容にする
  • 退職意思は繁忙期を避けて伝える
  • 転職活動は社内に知られないよう行う

退職理由は前向きな内容にする

転職理由は、なるべくネガティブな内容を避けて伝えるようにしましょう。内容によっては、上司に引き留められる可能性があるからです。

「これまでの経験を生かして、新しい環境で力を試したい!」「資格取得のため勉学に専念します!」など、ポジティブな内容を伝えることで、上司に向上心があることを意思表示できます。

退職意思は繁忙期を避けて伝える

退職の意思を上司に伝える際は、繁忙期を避けるようにましょう。

退職者が出ることで、会社は手続きや後任者選びなどの対応が必要になります。「すぐに辞めたい」といきなり切り出されても、会社側は困ってしまいます。

業務の引き継ぎなどの期間も考えると、最低でも退職希望日の1カ月前、できれば余裕を持って3カ月前には退職意思を伝えましょう。

転職活動は社内に知られないよう行う

在職中に転職活動を行うことがある場合、転職活動を公言することは避けるべきです。

「退職するらしいよ…」という噂が立つことで、職場が混乱し気まずい関係を招いてしまう可能性があるからです。

社内のパソコンで転職サイトを確認したり、仕事に対してやる気のない態度を見せてしまわぬよう転職活動は段々と進めましょう。

退職日までに有給休暇はきちんと消化しよう

有給休暇の消化が退職日までに間に合わないということのないようにしましょう。

ある日突然「有給休暇を全て消化したい」と伝えてしまうと、会社側としても迷惑がかかってしまうからです。退職日に向けて計画的にスケジュールを立て、余裕を持って申し出ることが大切です。

また、引き継ぎを行う場合は、引き継ぎが完了してから有給休暇を消化することをおすすめします。最後まで誠意を持ってお世話になった社員に接するようにしましょう。

仕事を辞めたいときに取るべき行動

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90-%e8%87%aa%e7%94%b1-%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%bc-591576/

最後に、仕事を辞めたいときに取る行動をまとめて紹介していきます。

仕事を辞めたいときに取るべき行動
  1. 仕事を辞めたい理由を可視化する
  2. 3ヶ月分の生活費を貯金しておく
  3. 転職先をリサーチして目星をつける
  4. 担当業務の引き継ぎ準備をしておく

会社の良いところと悪いところをしっかり見極めて、自分がそこで長年続けて行ける魅力がある会社であるかを判断することが大切です。

「今の会社、入ったけれど何かしっくり来ない…」「辞めた方がいいんじゃないか…」と感じているのであれば、実践してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
みずほ
24歳、環境調査員をやりながらウェブライターとしても活動中。納期を守ることはもちろん、丁寧なコミュニケーションを心がけております。 クライアント様のパートナーとして高い価値を提供することがモットーです。 ご連絡いただければ、すぐに対応できる態勢を整えておりますので、どうぞよろしくお願いします。