研修

仕事を辞めたい人の為の教科書|整理・準備・行動これで解決!

仕事を辞めたいと思っているけど、今の仕事を辞めると経済的に厳しくならないか、何から行動すべきかわからないと不安になりますよね。

今の状況が続くと辛いとはいえいきなり仕事を辞めるのは無理がありますよね。しかし、仕事をやめるまでに準備することなどを知っていたら焦らずに済むと思います。

この記事を読むと今から何をしたらいいか整理することができ、準備を進めることができるようになりますので最後まで読んでみてくださいね。

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3616956?title=%E6%82%A9%E3%82%80%E7%94%B7%E6%80%A7&searchId=613795260

まずは現在の状況や悩み不安に思っていることを把握しましょう

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab-%e6%b2%bb%e7%99%82-%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0-6841357/

何も情報を整理せずに、仕事を辞め無計画に転職活動をしてもうまくいくケースは少ないのでまずはあなたの今の状況を整理しましょう。

状況の整理は様々な視点で整理していくことをお勧めします。今の状態は辛いかも知れません。しかし見方や視点を変える事によって選択肢が増えたりより良い解決策が出てくる可能性があります。

仕事を辞めたいと思う理由は何かやあなたの考えている前提やこの問題のポイント、他の選択肢がないかなどを検証していきましょう。思考を整理するための具体例を下記のボックスに記載しておきます。

思考を整理するための具体例
  • この問題の前提はなんだろうか?見落としている点はないだろうか?
  • その問題について別の見方はないだろうか?
  • 今の仕事の何が嫌だと感じるか?
  • 今の仕事のどんなところを改善したいか?

仕事を辞めたい理由を整理してみましょう

今の状況を整理できたらあなたが仕事を辞めたいと思う理由を書き出していきましょう。これをする理由はもし転職をするという選択をしたときに次の仕事を探す条件に繋がるからです。

具体的には今の仕事の何が不満か、転職するとしたら何を叶えたいかなどを考えていきましょう。

このとき注意することは過剰に自分を責めすぎることです。自己肯定感が失われ何か行動を起こす気力が損なわれるからです。

「仕事を辞めたい」すぐにでも職場を変えてもいい場合

今すぐ仕事を辞めることは良くないと前述しましたが、中には環境によってはなるべく早く仕事を辞めた方がいいところもあります。その特徴を以下のボックスにまとめていますのでご覧ください。

仕事を辞めた方がいい状態
  • 自分ではコントロールできないことが多すぎて精神的にストレスを抱えている
  • 今の仕事を続けることで体調を崩す可能性がある、あるいは既に体調に支障をきたしている
  • 職場を変えれば状況が好転する

上記のような環境や状態の場合はすぐにでも転職を考えた方がいいと思います。ご自身の状況が判断しづらい場合は友人などに聞いて客観的な意見をおもらいましょう。

今の仕事を辞めるまでに改善できることはないか考える

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e8%b5%b7%e5%8b%95-%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89-%e9%83%a8%e5%b1%8b-3267505/

現状を整理してくとあなたの弱みや「ここは改善できるかも」といったものが出てくることがあると思います。それを本当に改善できるのか否かを検討し改善できそうならどのように改善するかも計画しましょう。

もし改善してあなたの人生にメリットがありそうならこの際に少しずつ取り組むと長期的にあなたの人生にプラスになると思いますので検討してみてください。

これだけは譲れないものや大切にしている価値観などあなたのアイデンティティとなるものまで変えようとするとかなりの負担になりますので無理はしないようにしてください。

仕事を辞めたいと考えたら「マインド編」

出典:https://unsplash.com/photos/WCID2JWoxwE

仕事を辞めたいと考えたときに色々な不安があると思います。まずはマインドや思考を整理することが重要です。人は不安や焦りなどが多すぎると適切な判断ができなくなるからです。

そうならないために、まず思考を整理し冷静に判断・行動できるようにしていきましょう。そして人には絶えずバイアスと呼ばれる判断に影響する思い込みが標準装備されていますのでバイアスに気づくことも重要です。

具体的には前述の「まずは現在の状況を…」の見出しを読んでみてください。そこに思考を整理するための具体例を記載しています。

仕事を辞めたいと考えたらすること:「準備編」

出典:https://pixabay.com/images/id-2379042/

今の状況や思考の整理ができたら、次は仕事を辞めるまでに何を準備したら良いかお伝えしていきます。下のボックスにまとめています。

仕事を辞めるまでにする準備
  • 自分の価値観を見直す
  • 転職の軸を考える
  • 転職エージェントに登録する
  • 今までの経験を振り返る

自分の価値観を見直す

この際に自分の価値観を見直します。人生で大事にしていることは何かや成し遂げたいことなどを整理します。

そうすることで、仕事選びの判断基準ができあなたがするべき行動が見えてくるからです。人生の価値観が明確の方が後述する転職の軸も決めやすくなります。

転職の軸を考える

これを決める事によって転職活動における意思決定の質を高めることができます。価値観を考えると行動指針が決まるのと同じです。

具体的には、転職によって達成したい優先事項は何かを考えます。あなたの価値観や今の職場の改善したいことから考えると浮かびやすいと思います。

転職エージェントに登録する

転職のサポートはもちろん自分の市場価値を知れたり、面接対策ができたりメリットが多いのでぜひ登録をしましょう。

今までの経験を振り返る

今まで仕事やプライベートでどんな経験をし、そこから何を得たのかなどをストーリーとして語れるようにしておくと今後の面接でかなり有利になります。

そのため今まであなたがどのような経験をしたのかを振り返る時間をどこかで取ることをお勧めします。

仕事を辞めたいと考えたらやること:「行動編」

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/23443021?title=Restart!文字入り黒い道しるべ_青空背景&searchId=1073340055

先述した準備ができたらあとは行動するのみです。行動しないと状況が進展しないからです。もし行動することが不安でしたら、その不安に悩んでいることで人生のプラスになるかを考えましょう。

具体的には転職エージェントと面談をしたり、転職サイトで情報を気になる求人がないかなどを探しましょう。また気になる求人があったらまずは応募することをおすすめします。

求人や時期によっては必須条件を少し緩くしてでも採用したいという時期もありますので自分が受けていいのかなと悩んでチャンスを失うより応募してしまった方がチャンスを掴める可能性が上がります。

実はノーリスク!?転職活動がうまくいくポイント

実は転職活動はノーリスクなんです。なぜかというと、エージェントの利用料は無料ですし、最悪仕事がすぐに見つからなくても現状は変わらないからです。

ここでは転職が成功する定義を、あなたが最低限改善したい課題が解決でき今抱えている不安が解消できることとします。

一般的には転職の軸を明確にし、同じ業界の違う職種か、他業界の同じ業種を選ぶことが転職しやすいとされています。

転職の軸を明確にすることはとても重要ですのでこれだけはよく考えておくことをお勧めします。

複数の転職エージェントからあなたに合った会社を選びましょう

どこの転職エージェントに登録するのが良いか迷いますよね。大体の方が複数の会社に登録して、その中から自分に合ったものを選ぶことが多いのでおすすめをいくつか紹介します。

下記ボックスにおすすめの転職エージェントをいくつか紹介しています。

ハイクラスの転職ならJACリクルートメント、大手企業への転職が強いマイナビ転職、業界最大の求人数があるリクルートエージェントがおすすめです。気になったら上記のリンクをクリックしてください。

まずは登録や無料カウンセリングを利用して話を聞いてみるところから始めましょう。

まとめ:仕事を辞めたい人がするべきこと

仕事を辞めたいと考えたらまずは現状の整理をし、転職の軸を定め転職活動をスタートしましょう。そして転職活動にはリスクはなく、いつでも転職はできるものと認識をしておきましょう。

基本的には状況が好転するためには行動が有効です。完璧な準備をしようとすると準備ばかりに時間を費やしてしまい機械を逃してしまいます。行動することで見えてくることもありますので行動に重きをおきましょう。

転職が完了してからも定期的にエージェントに話をし自分の市場価値を確認しておくことで転職のタイミングも見定めることができますので継続的に相談することをお勧めします。