研修

あなたの住まいに適したおすすめのWi-Fiルーター各2選ずつ紹介

日常生活で使う携帯からテレワークなどで使うPCなどネット社会になって、家でもおすすめのWi-Fiルーターを利用したいと考える方も多くなっています。

しかし、どんなWi-Fiルーターが自分の環境に合っているかすぐにわかる方はなかなかいませんよね。

なので今回、Wi-Fiルーターの選び方から住まい別おすすめルーターをご紹介しています。ぜひWi-Fiルーターを選んで購入する時の参考にしてみて下さい。

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/wi-fi-%e9%80%9a%e4%bf%a1%e7%b6%b2-%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-5438427/

Wi-Fiルーターの選び方6つ

出典元:
https://www.photo-ac.com/main/detail/4326151?title=Wi-Fi%E3%80%80%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC&searchId=1174321761

機器によって違いが多く、よく知らないと間違えやすいWi-Fiルーターは選び方のポイントが6つあります。

Wi-Fiルーターの選び方
  • ワンルームや一戸建て、マンションなどの使用環境
  • 通信規格
  • 同時接続可能数
  • 初期設定、接続のしやすさ
  • セキュリティ機能
  • 通信をより快適にする機能

一つずつ説明していきますので、あなたの選びたいポイントを明確にしていきましょう。

ワンルームや一戸建て、マンションなどの使用環境

一人暮らしのワンルームや一戸建ての家、マンションなど使用する人数や家の広さによってオススメのWiFiルーターは違います。

一人暮らしのワンルームであれば、同時接続可能数や電波の届く範囲などはあまり気にせず、通信速度に特化しているWi-Fiルーターがおすすめになります。

逆に、マンションや一戸建ての家などは同時接続可能数が多く、電波が広く届く安定したWi-Fiルーターがオススメです。

通信規格

Wi-Fiルーターには無線の国際的な標準規格を表した通信規格があります。「IEEE802.11○」と書かれており、「○」の中にアルファベットを入れて表され、そのアルファベットで通信規格世代を見ます。

最も新しいのは第6世代の「11ax」となり、「Wi-Fi6」と呼ばれるもので、世代が新しいほど、Wi-Fiルーターの性能も向上しますよ。特に世代が新しいと通信速度が速くなりますね。

またWi-Fi電波の周波数には5GHz2.4GHzの2種類があります。5GHzは他の電波との干渉が少なく、安定し高速に通信できるのが特徴で、2.4GHzは障害物に強く、対応機種が多いのが特徴です。

通信規格によって、両方の周波数を持つものと、片方しか持たないものとあるので要チェックしておきましょう。

同時接続可能数

Wi-Fiルーターは、利用利用人数や実際にあなたが接続するデバイスの数に対応できるものを選びましょう。

多くのWi-Fiルーターには利用可能人数や同時接続可能数の目安が書かれているので、チェックしましょう。

できれば、通信速度の遅延を起こさないためにも利用可能数や同時接続可能数は、余裕を持って選ぶことをオススメします。

初期設定、接続のしやすさ

Wi-Fiルーターを購入してまず行うのが、初期設定と接続ですが初心者がつまずきやすいポイントになります。

一般的に端末側で電波を選んで、暗号化キーを入力して接続しますが、電波やパスワードはアルファベットと数字で不規則に作られているので毎回入力するのは面倒ですよね。

そんなときに使える「ワンタッチ接続機能」がついたWi-Fiルーターがあります。

ワンタッチ接続機能のついたWi-Fiルーターは、面倒な入力を省略して初期設定や接続を行うことができますよ。

セキュリティ機能

Wi-Fiルーターを選ぶときにはセキュリティ機能も注目しましょう。

セキュリティ機能がないと、、第三者に勝手に使われたり、個人情報が流出または悪用される危険性が出てきます。

セキュリティ機能で特に大事なポイントは「管理パスワードの設定」「高レベルな暗号化と認識方式で通信できる」ことです。

これらのセキュリティ機能が搭載されている、Wi-Fiルーターを選択することをオススメしますね。

通信をより快適にする機能

Wi-Fiルーターには通信をより快適にする機能が搭載されているものがあります。

特に確認したいのは「ビームフォーミング」「MU-MIMO」という機能になります。1つずつ紹介しますね。

「ビームフォーミング」とは、特定のデバイスに向けて電波を飛ばす機能になり、家の中でデバイスを持ち歩いてもデバイスを追いかけて電波を届けてくれます。

「MU-MIMO」とは、複数のデバイスと同時通信してもタイムラグがない高速通信機能のことです。主に、家族みんなが同時間にそれぞれデバイスを使う際に役に立ちます。

Wi-Fiルーターの人気メーカー

現在Wi-Fiルーターの人気のメーカーは以下の3社になります。1つずつ人気の理由を解説していきます。

Wi-Fiルーターの人気メーカー
  • バッファロー (BUFFALO)
  • エレコム(ELECOM)
  • エヌイーシー(NEC)

バッファロー(BUFFALO)

まず有名で人気なのはパソコン周辺機器を取り扱っているバッファロー(BUFFALO)になります。

人気の理由は、「Wi-Fi6」などの性能面とルーター自体のデザイン性、種類が豊富なこと。

購入前後のサポートも充実しているので、迷ったらバッファローのWi-Fiルーターを一度確認してみて下さい。

エレコム(ERECOM)

次に大手デジタル機器関連メーカーであるエレコム(ERECOM)になります。

エレコム(ELECOM)のルーターの特徴は、日本の通信環境に適合していて、、独自の「e-Mesh」という技術を持っています。

広いエリアをシームレスにカバーできるので、家に仕切りが多い方はチェックしてみましょう。

また、国産モデルでコスパの良いルーターを探している方にもエレコム(ELECOM)はオススメです。

エヌイーシー(NEC)

最後に住友グループの電機メーカーであるエヌイーシー(NEC)になります。創立は1899年(明治32年)で歴史があり、個人から企業にサービスを提供しているメーカーです。

エヌイーシー(NEC)のWi-Fiルーターは、「Aterm(エーターム)」シリーズで、「Wi-Fi5、6」対応製品があるので、高性能に興味がありスペック重視の方はオススメです。

一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーター

ここでは一人暮らしの方に向いている、おすすめのWi-Fiルーターを2つ紹介していきます。参考にどうぞ。

バッファロー(BUFFALO)「WSR -1166HPL2」

まずは一人暮らしの方におすすめのWi-Fiルーター1つ目は、バッファローの「WSR -1166HPL2」です。

一番の特徴はリーズナブルな価格のルーターという点です。一人暮らしには始めやすいものになります。

他にも「MV-MIMO」を搭載しているので複数の端末への同時通信が可能な点と、「ビームフォーミング」によって端末にめがけて電波を飛ばすので、安定した通信になります。

エヌイーシー(NEC)「Atem WG1200HS3 」

一人暮らしの方におすすめのWi-Fiルーター2つ目は、エヌイーシーの「Atem WG1200HS3」です。

特徴はNSC独自の「ハイパワーシステム」による無線の性能がパワーアップしている点です。快適通信エリアの拡大もしています。

上記で紹介しているBUFFALO(バッファロー)同様、「MU-MIMO」による端末の同時通信が可能ですし、ビームフォーミングも搭載されているので通信も安定しています。

一戸建ての方におすすめのWi-Fiルーター

次は一戸建ての方に向いている、おすすめのWi-Fiルーターを2つ紹介していきます。

バッファロー(BUFFALO)「WSR-3200AX4S」

一戸建ての方におすすめのWi-Fiルーター1つ目は、バッファローの「WSR -3200AX4S」です。

最新規格のWi-Fi6を採用していて、高効率な4本のアンテナ設計によって一戸建て3階でも電波が安定して届くのが特徴です。

また家族で使用する方には安心な、外部からの不正な遠隔操作や個人情報を守ってくれるネット脅威ブロッカー搭載にもなっています。

少し価格は高くなりますが、それに伴って一戸建ての方におすすめなルーターですね。

エレコム(ELECOM)「WRC-2533GST2」

一戸建ての方にオススメWi-Fiルーター2つ目は、エレコムの「WRC -2533GST2」です。

特徴はなんと言っても「らくらく引っ越し乗り換え機能」で、面倒な設定がなくすぐに使用することができます。

あと、4Kテレビも快適に視聴できる「トレンドマイクロセキュリティ」を搭載しています。「ビームフォーミング」「MU-MIMO」もちゃんと採用されているので一戸建てでも電波は届きます。

マンションの方におすすめのWi-Fiルーター

今度はマンションに住む方におすすめのWi-Fiルーターを2つ紹介していきます。

バッファロー(BUFFALO)「WSR-1800AX4S」

マンションの方におすすめWi-Fiルーター1つ目は、バッファローの「WSR -1800AX4S」です。

Wi-Fi6対応で高速通信が可能で、外部からの不正な遠隔操作や個人情報の流出を防ぐネット脅威ブロッカー機能も搭載していて安全です。

また省スペースでコンパクトなWi-Fiルーターなので壁掛けや縦置きもできて、場所を取らないのにアンテナ内臓型なので3LDKの広さでも電波が届きます。

本体に不具合があった場合でも1年間の保証期間も付いているので、初めてWi-Fiルーターを買う方にも安心できますよ。

エレコム(ELECOM)「WRC-X3200GST3-B」

マンションの方におすすめWi-Fiルーター2つ目は、エレコムの「WRC -X3200GST3-B」です。

このWi-Fiルーターは複数同時接続に強く、家族みんなで接続してもストレスフリーな通信ができます。

またエレコム(ELECOM)の独自機能である「らくらくQOS」が搭載されており、Web会議やオンライン学習の通信を自動で最適化してくれるのでテレワークの方にはうってつけです。

セキュリティ面も業界トップクラスの「スマートホームネットワーク」を搭載しているので外部へ情報が漏れる心配はありません。

ゲームをする方におすすめのWi-Fiルーター

最後に家でオンラインゲームを楽しみたい方にもおすすめのWi-Fiルーターも2つ紹介します。

ASUS(エイスース)「TUF-AX3000」

オンラインゲームを楽しみたい方におすすめWi-Fiルーター1つ目は、エイスースの「TUF-AX3000」です。

高度なセキュリティ機能を持ち、Wi-Fi6対応で8K、4K動画もストレスなく快適に楽しめます。

特徴としてデバイスのバッテリーの消費を効率的に抑えて、帯域幅変更機能でネット会議中の音声切れもなく画像も滑らかになります。

また「ゲーミングLANポート」「Adaptive Qos」によりゲーム通信を優先処理してくれるので快適なゲームプレイが可能ですよ。

アイ・オー・データ「WN-DAX3000QR」

2つ目におすすめしたいWi-Fiルーターが、アイ・オー・データ「WN-DAX3000QR」になります。

このWi-Fiルーターの特徴はインターネット・LANポート共に2.5Gbpsに対応しているので超高速ネットワーク環境を構築できます。ラグが少ないのは助かりますよね。

LANケーブルを挿すだけですぐインターネットに繋がり、MU-MIMOも搭載していて360コネクトにより家じゅうに電波が届きます。

またネットフィルタリングによ外部からの不正な遠隔操作や個人情報の流出を防ぐので安心してオンラインを楽しめますよ。

Wi-Fiルーターのおすすめ設置場所

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/22457973?title=フローリングの部屋03%20%200205&searchId=342395317

Wi-Fiルーターを部屋に設置するときに「どこに設置したらいいんだろう」と設置場所に迷うこともありますよね。

ズバリWi-Fiルーターのおすすめ設置場所は「部屋の中央付近」に「高さ1〜2m」で設置出来ることです。

電波は基本的に真っ直ぐ飛んでいるので棚の中や周囲が囲まれていると、電波が上手く届かなくなってしまいます。

また金属、水、コンクリートの影響を受けやすいので、Wi-Fiルーターとデバイスの間にこれらを挟まないようにしましょう。

Wi-Fiルーターの寿命は?

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/ネットワーク-wi-fi-fi-2859534/

Wi-Fiルーターにも目安となる寿命があり、3〜4年と言われています。ただ、故障しなければ使い続けることは可能ですよ。

どちらかといえば、パソコンやスマホなどデバイスの性能が年々向上しているので、最新のデバイスを購入してもルーターが規格に対応していなければ、デバイスの速度性能を最大限に発揮できません。

デバイスの買い替えによって、ルーターの通信速度接続の安定性に不満を感じたときも、ルーターの買い替えの目安になります。

【まとめ】住まいに適したWi-Fiルーターを探そう!

今回はWi-Fiルーターを選ぶ時のポイントやおすすめのルーター、そのほかWi-Fiルーターについて気になることを紹介しました。

Wi-Fiルーターの購入には様々な知識が無いと買った後に後悔するかもしれないので注意が必要です。

Wi-Fiルーターを選ぶポイントは家の広さや何人が利用するのか、通信速度は早い方がいいのかセキュリティ面を優先したいのか、あなたに合ったWi-Fiルーターを探して快適なネット環境を作りましょう。