転職

20代後半の転職が厳しい人の特徴とは?メリットデメリットも紹介

あなたは今の仕事が本当に自分に適しているかで悩んでいるけれど、転職は厳しい気がすると思って、悩んでいませんか。

20代後半になって、今のまま仕事を続けて良いか迷ってしまう時期ってありますよね。

そこで今回の記事では、20代後半での転職が厳しい人の特徴について解説します。

この記事を読めば、20代後半のあなたが転職することが可能なのかどうかわかり、転職活動を始めるべきかどうかを判断できるようになりますよ。是非最後までご覧ください。

アイキャッチ画像出典:https://www.pakutaso.com/20171221338post-14348.html

20代後半で転職するメリット・デメリットとは?

最初に、20代後半で転職するメリット・デメリットについて簡単に確認しておきましょう。20代後半で転職するメリット・デメリットについては以下のようなことが挙げられます。

20代後半で転職するメリット・デメリット
  • メリット①:キャリアアップの可能性
  • メリット②:幅広い選択肢がある
  • デメリット:幹部候補生でなくなる

キャリアアップの可能性とは、日本では新卒一括採用のため、能力が高くても評価されない場合もありますが、転職することで評価されやすい職場に移れる可能性があるということです。

幅広い選択肢とは、年齢に関する制限に引っかかることなく、様々な職種にチャレンジできるということです。

幹部候補生でなくなるとは、新卒で入社した人に対しては、企業は将来的に会社の中枢を担って欲しいと考えてますが、転職をしてしまうと、幹部になれる可能性を失う可能性があるということです。

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴を5つ紹介していきます。それぞれ自分に当てはまる項目や気になる項目があれば、詳しく説明するので、必ずチェックしてくださいね。

20代の後半に転職するのが厳しい人の特徴5つ
  1. 転職の回数が多い
  2. 女性
  3. 未経験の職種を希望する
  4. 実績を上手く語れない
  5. 企業研究を怠っている

それでは、20代後半で転職するのが厳しい人の特徴について、1つ目の転職の回数が多いという項目から説明していきましょう。

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴①転職の回数が多い

https://www.pakutaso.com/20190850233post-22771.html

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴の1つ目は、転職の回数が多い人です。

もし内定を出したとしても、すぐに辞めてしまうのではないかと人事の担当者は考えてしまうからです。

具体的には、3回以上転職をしていると多いと判断されてしまう可能性がありますよ。25,26の場合は、2回でも、多いと判断されてしまう可能性があります。

そのため、対策として、転職回数の多い理由を面接で答えられるように、準備しておく必要があるでしょう。

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴②女性

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%88%A9%E7%9B%8A-%E6%90%8D%E5%A4%B1-%E4%BB%A3%E6%9B%BF-%E5%A4%89%E6%9B%B4-5198812/

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴の2つ目は、女性であることです。

理由としては、女性の場合は、20代で結婚をして会社を辞めてしまったり、妊娠をして戦力として計算しにくくなったりする場合があるからです。

もちろん、育休制度が充実している会社を選ぶという手段もありますが、中途採用を募集している会社では即戦力で活躍してほしいと考えている会社もあるため、女性を敬遠する会社も存在するでしょう。

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴③未経験の職種を希望

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴の3つ目は、未経験の職種を希望する人です。

中途採用に対して企業は即戦力として活躍する人材を採用する傾向が強いため、未経験の人材を採用しようとする企業は少ないからです。

もちろん、「未経験でも歓迎」というような求人票もありますが、学ぼうという姿勢を示すことは非常に大切です。

未経験でも、希望をする職種として働くために準備をしているという姿勢を資格やポートフォリオで示せるようにしておきましょう。

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴④実績を上手く語れない

https://www.pakutaso.com/20200626171post-28932.html

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴の4つ目は、実績を上手く語れない人です。

なぜなら、前職の経験や実績を上手く伝えられない場合、面接官に経験や実績が本当かどうか疑われてしまう可能性があるからです。

具体的には以下のようなことに関して質問されることが多いです。

実績や経験について尋ねられやすい内容
  • 仕事の内容、規模、流れ
  • 業務での立場、役割、結果

もしも、曖昧な部分や上手く説明できない部分がある場合、伝えられるように整理して置く必要があるでしょう。

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴⑤企業研究を怠っている

20代後半で転職するのが厳しい人の特徴5つ目は、企業研究を怠っている人です。

理由は、面接官に本当は会社に対して、興味がないと思われてしまうからです。最低でも、HPに掲載されている内容に関しては、確認しておいてくださいね。

特に、主力事業・経営理念・福利厚生については、ほとんどの企業のHPで掲載されているので、必ずチェックしておきましょう。

他にも、競合他社との違いなどの自分で調べられる範囲については必ず調べておいてくださいね。

20代の後半で転職する方法

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E6%88%90%E9%95%B7-%E9%AB%98%E9%80%9F-%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6-3683396/

ここまで、転職するのが厳しい人の特徴を中心に確認してきました。

しかし、「転職が厳しい人の特徴」に多く該当していた人の中には、20代後半の間に絶対に転職をしたいという人もいるでしょう。そこで、20代後半で転職する方法2つを紹介します。

20代の後半で転職する方法2つ
  1. 自己PRを入念にチェックする
  2. スキル・経験とマッチする企業を探す

自分の強みを理解し、自分にマッチする企業を丁寧に探すことが大切ということです。

20代後半の転職のときの注意点

次に、20代後半の転職のときの注意点について紹介していきましょう。20代後半の転職のときの注意点としては以下の2つが挙げられます。

20代の後半で転職する方法2つ
  1. 慎重に会社を選ぶ
  2. 条件面を精査する

どちらも注意するべき理由としては、慌てて転職する会社を選んでしまった場合、すぐに退職してしまう可能性が高くなり、次の転職活動に影響があるからです。

転職先の企業がブラック企業でないかどうかを、事前に職場を見学させてもらったりして、慎重に見極めるようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、20代後半で転職するのが厳しいかどうかについて解説してきました。

今回の記事で特に伝えたいのは20代後半で転職するには準備が必要ということです。

自分のこれまで関わった仕事について整理したり、どのような企業が適しているかを考えたりして自分に本当にマッチした企業に入社するためには多くの準備が必要です。

今回の記事が、20代後半で転職するのは厳しいと考えている方の助けになれば嬉しいです。もし転職に少しでも興味がある場合は、こちらの記事で、転職のしやすい職業を紹介しているので、確認してみてください。

比較的就職しやすい仕事の種類8つ、それぞれの代表的な業務内容も紹介あなたは今の仕事の種類が本当に自分に適しているかで悩んでいませんか。 社会人になると自分の知っている以外の仕事の種類がたくさんある...
ABOUT ME
web+運営部
約4年間フリーランスSEOライターを経て、現在はweb+ Media Schoolライティングコースの記事添削・20記事終了後の通話ミーティングを行いながら、webメディア「高級家具.com」の編集長を務める。 フリーランス時代の実体験を活かし、webメディア「web+」にて記事執筆も行っている。