SIM

テザリングとは?やり方や注意点を解説!メリットやデメリットも

スマホで使える便利な機能であるテザリング。名前は聞いたことあるけど使ったことはないなという方も多いと思います。

名前だけ見てもどんな機能なのかわかりませんし、使い方が難しそうと思ってしまいますよね。

そんな方へ、テザリングとはどんな機能なのか、どんな場面でどうやって使うのかについて解説していきます。

メリットや注意点についても解説しているので、ぜひこの記事を読んでテザリングを使いこなしてみましょう!

アイキャッチ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1536286#goog_rewarded

テザリングとは

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/24473072#goog_rewarded

そもそもテザリングとは何ができる機能なのでしょうか。そこがわからないと、使うに使えませんよね。

テザリングとは、あなたが持っているスマホのデータ通信を他の端末でも使えるようにすることです。

テザリングを使うと、Wi-Fiがないと使えない端末を使えますし、フリーWi-Fiを使うよりもセキュリティ面で安心できます。

タブレットやパソコンなど幅広く使えますし、低速の友達に自分のデータ通信を分けることもできます。

テザリングの種類とは

テザリングには、3つの種類があります。種類ごとの特徴について紹介します。

テザリングの種類
  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

Wi-Fiテザリング

最も一般的なテザリングです。スマホをポケットWi-Fiのように使えるテザリングで、同時に複数台の端末を繋げられます。

その分スマホの充電が減りやすかったり、データ消費が多くなりがちなので、注意が必要です。

Wi-Fiに繋げられる端末ならどんなものでも使えるので、使い勝手がいいのが特徴です。その代わり誰でも繋げられるので、知らない人に使われないようパスワードの設定はしっかり行いましょう。

Bluetoothテザリング

Wi-Fiではなく、Bluetoothの機能を使ってテザリングをします。こちらも複数台繋げられ、Wi-Fiテザリングよりも充電が減りにくいです。

Bluetoothは音楽を無線イヤホンで聴いたりするイメージが強いですが、テザリングとしても使えます。しかし他のテザリングよりも通信速度が遅めです。

Bluetoothのペアリングをする手間はありますが、パスワードがいらないので簡単に繋げられます

USBテザリング

主にパソコンと接続するときに使えます。USBケーブルで繋ぐので、通信速度も安定していますし、スマホの充電もできます。

USBケーブルを持ち歩かないといけないので荷物が少し増えるのと、ケーブルの範囲内でしかスマホを動かせないので、短いケーブルだと少し鬱陶しく感じがちです。

テザリングのメリットとは

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/988903

テザリングのメリットとはどんなものがあるのでしょうか。主に以下の2つがあります。

メリット
  • ポケットWi-Fiを持ち歩かなくてもいい
  • 簡単に接続できる

ポケットWi-Fiを持ち歩かなくてもいい

スマホ自体がポケットWi-Fiの代わりになるので、ポケットWi-Fiを持ち運ぶことも、契約する必要もありません。

テザリングは基本無料でできますが、携帯会社によっては月額で使えるようになるところもあります。

月額を払ったとしても、ポケットWi-Fiを契約するより安く使えるようになりますよ。

簡単に接続できる

テザリングは接続が難しいのでは?と思うかもしれませんが、普通のWi-Fiと変わりません。

iPhoneの場合、iPadやMacにて同じApple IDを使用していれば、自動で接続する設定ができるので、一度繋げばわざわざ繋ぐ手間がありません。

他の端末でも簡単に接続できますし、USBの場合は挿すだけです。一度やってみればすぐ使いこなせるでしょう。

テザリングのデメリットとは

便利な機能のテザリングですが、デメリットはあるのでしょうか。一番使うであろうWi-Fiテザリングの場合主に以下の2つがあります。

デメリット
  • データ消費が早い
  • スマホの充電がすぐ減る

データ消費が早い

テザリングは、データのお裾分けをしているようなものなので、使う端末や時間が多い分、データを多く使用します。

YouTubeを流しながらSNSを見ていると、一気にデータ使用量が増えます。少ないギガ数での契約だと、低速になるのも早くなるので注意しましょう。

ギガホの場合はあまり心配いりませんが、使いすぎると60GBを超えることもあるので、こまめにデータ使用量を確認するようにすると安心です。

スマホの充電がすぐ減る

Wi-Fiテザリングの場合は特に、スマホの充電がすぐに減ります。テザリングをして繋がっているだけでも充電は減っていきます。

出先で使う場合は、モバイルバッテリーを持っていくと安心です。行き先にコンセントがあるならより安心できます。

テザリングのやり方

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/23963691#goog_rewarded

実際にテザリングとはどのように使うのか説明していきます。iPhoneの場合での説明になるので、Androidの場合は似たような名前から探してみてください。

テザリングのやり方
  1. テザリングの設定をする
  2. 繋げたい端末からWi-Fiを探す

1.テザリングの設定をする

まずはデータを提供するスマホの設定です。テザリングの契約が必要な場合は、先に契約を済ましておいてください。

設定>インターネット共有を押します。「ほかの人の接続を許可」とあるので、オンにします。オンにすると、他の端末から接続できるようになります。

Wi-Fiのパスワードも記載されているので、確認しておいてください。タップすれば変更できます。

2.繋げたい端末からWi-Fiを探す

次に繋げたい端末のWi-Fiをオンにします。ネットワークの一覧より、自分のiPhoneの名前を探します。

iPhoneの名前は、設定>一般>情報より確認と変更ができます。他の人のスマホにも表示される可能性があるので、本名など個人情報がわかる名前は避けましょう。

自分のスマホが見つかればタップします。パスワードの入力を求められるので、スマホを見ながら入力しましょう。

Wi-Fiマークが表示されれば接続できている証拠です。使い終わったらWi-Fiを切るのを忘れないようにしましょう。

テザリングの省データモードとは

テザリングには、省データモードという設定があります。iOSの設定なので、Androidにはありません。

省データモードにすると、バックグラウンド更新を制限したり、動画の画質が下がったりします。その代わり、データ通信量やバッテリーの消費が少なくなります。

たまにしかテザリングを使わない場合や、データをあまり使いたくないときに使える機能です。

省データモードは、テザリングでデータをもらっている端末から、Wi-Fi設定より使えますよ。

テザリングは何台繋がる?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/25301519

一度に複数台繋げられるWi-Fiテザリングですが、繋げられる上限が決まっています。

Androidの場合は端末によって異なりますが、最大で10台まで繋げられる端末が多くあります。ご自身の端末が何台繋げられるか確認してみてください。

iPhoneの場合は、5台までとAndroidより少なめです。たくさんの端末を繋げたいと思う方は、数を確認した上で使わないと接続が切れたり繋がらなかったりするので注意してください。

テザリングをする時の注意点

テザリングをする上で、注意しておくべきことがあります。主にWi-Fiテザリングを使用する上での注意点を紹介します。

注意点
  • パスワードを設定していないと危険
  • 使う時だけ接続をする

パスワードを設定していないと危険

Wi-Fiテザリングの場合、いくつもの端末を繋げられますが、知らない人に使われる可能性もあります。

パスワードを設定していれば、パスワードを知っている人しか繋げられません。推測されそうなパスワードではなく、英数字を使った長めのパスワードにするといいでしょう。

使う時だけ接続をする

テザリングは繋がっているだけでデータ通信もバッテリーも減っていきます。カバンにしまっていたとしてもです。

なのでテザリングは使うときだけ繋いで、使い終わったら接続を切るようにしましょう。

繋げている端末のWi-Fiを切ればいいだけなので、カバンにしまう前に切る癖をつけておく方がいいですね。

テザリングが繋がらない時は

テザリングを使おうとしても、繋がらない場合があります。原因と対処法を説明しますね。

繋がらない原因
  • テザリングがオフになっている
  • 端末のWi-Fiがオフになっている
  • 電波が不安定
  • パスワードが違う

テザリングがオフになっている

テザリングをしたい場合は、スマホでテザリングをオンにする必要があります。設定よりオンにしてみてください。

また、テザリングの契約をしていない場合も使えませんので、確認してみてください。

端末のWi-Fiがオフになっている

Wi-Fiテザリングの場合、繋げたい端末のWi-Fiをオンにしなければ繋がることはありません。確認してみてください。

Wi-Fiをオンにした上で、ネットワークから自分のスマホを探してくださいね。

電波が不安定

カフェや駅など、人が多いところだと他の電波が邪魔をしてテザリングが繋がりにくくなります。

他にも、周りにWi-FiやBluetoothを使っている端末があると、その電波と干渉してしまう可能性があります。

場所を変えたり、他の端末のWi-FiやBluetoothを切ってからテザリングを接続してみてください。

パスワードが違う

特に初めてテザリングを使うときは、パスワードの入力ミスで繋がらない可能性があります。

スマホでパスワードの確認や変更ができます。自分の好きなパスワードに変更してみてもいいでしょう。

その場合、安易なパスワードにしないよう気をつけてくださいね。

テザリングとはデータシェアのこと

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/25490668

テザリングとは、スマホから他の端末にデータをシェアできる機能のことです。もう一度テザリングについて振り返って、実際に使いこなせるようになりましょう!

テザリングの振り返り
  • 種類は、Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリング、USBテザリング
  • メリットは、ポケットWi-Fiを持ち歩かなくてもいい、簡単に接続できる
  • デメリットは、データ消費が早い、スマホの充電がすぐ減る
  • テザリングのやり方は、テザリングの設定をして、繋げたい端末からWi-Fiを探す
  • 注意点は、パスワードを設定していないと危険、使う時だけ接続をする
  • 繋がらない時は、テザリングをオンにする、端末のWi-Fiをオンにする、場所を変えるか近くの端末のWi-FiやBluetoothを切る、パスワードを正しく入力する

省データモードはバックグラウンド更新を制限したり、動画の画質が下がったりする代わりに、データ通信量やバッテリーの消費が少なくなります。

一度にAndroidは最大10台、iPhoneは5台繋がります。

このように、普段使っているスマホ1台があるだけで、他の端末でもインターネットが使えます。

ぜひこの機能を使ってみて、フリーWi-Fiを探さなくていい便利な生活を体験してみましょう!

ABOUT ME
八光 わをん
管理栄養士と栄養教諭の資格を持つ食のプロです